記事一覧

有料の生命保険見直し相談で得する方法

未分類

有料の生命保険見直し相談も使い方次第
有料の生命保険見直し相談を利用するからには、絶対に良いアドバイスをもらいたいところです。無料の生命保険見直し相談もある中、わざわざ安くはない相談料を支払って話を聞いてもらうわけですから、自分の生命保険は適切なのか、それとも改善の余地があるのかをしっかり判断してもらいましょう。相談料は3,000円から10,000円くらいが相場となっています。あまりに安すぎるところや逆に高すぎるところは避けた方が無難です。高ければ質の高いアドバイスが受けられると決まっているわけではないからです。そして相談したからといって必ずしも契約しなければならないわけではないことも覚えておきましょう。

有料の生命保険見直し相談で得する方法
有料の生命保険見直し相談を利用してもっとも得をする方法、それはまず保険料を下げることです。一生の間に人が支払う生命保険の保険料は1,200万円程度になるという試算もあります。車よりもずっと高い保険料を一生のうちに払い続けるのです。そこで少しでも保険料を下げられれば、積もり積もって非常に大きな金額になるということが分かるでしょう。有料の生命保険見直し相談、ファイナンシャルプランナーにはそのためのアドバイスをどうしてもしてほしいところです。そこですべきことは、自分の状況や心配事をすべて話すということです。ファイナンシャルプランナーは顧客の職業、年収、支出額、支出内容、家族構成、将来のプランなどをすべて考慮に入れて生命保険の提案をしてくれます。むしろ有料の生命保険見直し相談で重視されるのはプランニングよりも、その前に行われる情報の分析です。ここでいかに自分の状況を知ってもらえるかが、正確な分析を得られるかどうかのカギになります。確かに自分の職業や収入、支出の内容などを赤の他人に話すのは少しいやかもしれません。しかしせっかくお金を支払って相談しているのですから最善の結果が得られるようにしたいところです。別の方法は、一度無料の生命保険見直し相談をしてみて、セカンドオピニオンとして有料の相談に行ってみるというものです。無料の生命保険見直し相談でも質の高いアドバイスを受けることは可能です。しかしその提案が本当に適切なのかどうか、もっと安い方法はないかというのを有料の相談で確かめることができます。ぜひこうした方法を使って、有料の生命保険見直し相談の効果を最大限引き出せるようにしたいものです。

有料の生命保険見直し相談と他の金融商品

未分類

法律は大きな味方
生命保険と法律というとあまり関係がないように思えます。一般的に法律は社会生活を送るためのルールのように思われており、守らなければ罰せられるものというイメージがあるからです。しかし生命保険や投資という観点からみれば、法律は国民の大きな味方になりえます。もちろん法律の知識など持っている人はそれほど多くありません。生命保険をどうやってお得にするかという法律的な知識は、やはりファイナンシャルプランナーなどの有料の生命保険見直し相談を利用して聞いてみるしかないでしょう。自分で勉強するのには限界があるので、少しお金を払ってでも楽な方法を見つけたいところです。

生命保険と他の金融商品の関係
生命保険に加入する人には二種類います。一つは万が一の時の備えとして加入する人です。これが本来の生命保険の目的です。自分が病気や事故で動けなくなったり命を落としたりしたときに家族に保険金が下りるようにしたいという方の願いをかなえてくれるものとなるでしょう。一方で生命保険を将来の資産の形成や貯蓄、節税に使うという人もいます。これは特に終身保険に言えるものです。終身保険とは一生涯保障してもらえる保険のことです。ずっと保険料を支払う必要がある代わりに、解約したときに解約払戻金が返ってきます。つまり定期保険のように掛け捨てではなく、将来的に戻ってくるお金をいわば積み立てていると考えることができるわけです。しかも今まで支払った保険料がそのまま返ってくるのではなく、一定期間保険料を支払い続けるとそれ以上の金額が払戻金として支払われます。しかも生命保険の保険料は課税対象でないため節税にもなります。特に自営業の方の場合、確定申告の時にこの節税が大きな意味を持ってくるので重要です。しかし有料の生命保険見直し相談を利用すると、この方法が適切なのか、それとも他の金融商品で代替できないかといったアドバイスも得ることが可能です。例えば定期預金や投資信託などで代替はできないでしょうか。さらにより節税する方法は法律的にないでしょうか。ファイナンシャルプランナーの中にはそうした法律的な知識を豊富に持っている人もいるので、有料の生命保険見直し相談は非常に役立つ方法となりえるのです。これまでずっと保険に加入してきたという方も、これから新規加入をするという方も、ぜひ一度有料の生命保険見直し相談を利用してみてはいかがでしょうか。

有料の生命保険見直し相談は新規加入でも可能?

未分類

生命保険はどんな人に必要?
生命保険というと一生安心して暮らすための備えというイメージがあります。確かにその通りで、自分が病気や事故によって命を落としても家族に十分な備えをするために必要なものです。有料の生命保険見直し相談ではどうすれば万全な備えができるかを教えてもらえるでしょう。しかしその一方で独身のサラリーマンなどは生命保険に加入する必要はあまりないでしょう。独身のサラリーマンの場合、家族や子供がいるわけではないので、生命保険に入って保険料を支払うよりは将来に備えて貯蓄に充てた方が現実的と言えるかもしれません。このように状況によって生命保険の必要性は違うのですが、もし新規加入をする場合には有料の生命保険見直し相談を利用することができるのでしょうか。

有料の生命保険見直し相談は新規加入でも利用可能
結論から言えば、有料の生命保険見直し相談は新規加入の方でも利用することができます。生命保険の見直しでは面接をしてくれる人が保険の知識があるので、その人にいろいろ尋ねることができます。一般的には有料の生命保険見直し相談は名前の通りすでに保険に入っていてその見直しのために利用する人がほとんどです。しかしファイナンシャルプランナー、特にMDRT会員などであれば生命保険に関する豊富な知識と経験を持っていることでしょう。しかも保険会社とは異なり、完全に第三者の視点で保険を勧めてくれるので、純粋に自分の状況に合った保険を見つけることが可能です。面談の際に初めて生命保険に入ろうと思っていると告げれば、最初から懇切丁寧に説明してくれるに違いありません。分からないことがあれば基本的なことでもいいので何でも遠慮なく尋ねるようにしましょう。もちろんその場ですぐに契約しなければならないというわけではなく、相談したからと言って絶対に生命保険に加入しなければならないというわけでもありません。無料の相談もありますが、お金を支払って面談をした方が生命保険を真剣に知る助けになることでしょう。保険の外交員などに頼むと、その会社の商品を中心に提案されるので選択肢が狭まります。初めて加入を考えている方にとってはたくさんの選択肢があった方が良いものです。もしこれから生命保険への加入を考えているという方は、保険外交員などに相談するよりも有料の生命保険見直し相談を利用した方が長い目で見たときにいい場合もあるということを覚えておきましょう。

有料の生命保険見直し相談の選び方

未分類

有料の生命保険見直し相談は相談料で比較する
有料の生命保険見直し相談を選ぶ際にまず考えるべきなのは、やはり相談料でしょう。無料の生命保険見直し相談もあるくらいなので、できるだけ相談料が安い方がいいと感じる方もいるかもしれません。有料の生命保険見直し相談の相談料は事務所などによっても大きく異なります。安いところでは3,000円前後、高いところになると10,000円程度の相談料です。無料の生命保険見直し相談では相談だけで商品券がもらえるところもあるので、かなりの差になります。高いところで質の高い提案が受けられれば良いのですが、必ずしもそうではないので注意が必要です。相談料の高さと事務所の評判などを参考に有料の生命保険見直し相談を選ぶと失敗する確率は低くなります。

有料の生命保険見直し相談では独立系ファイナンシャルプランナーがいい?
相談料を別にすれば、ファイナンシャルプランナーの種類によって相談するところを選ぶのも手かもしれません。ファイナンシャルプランナーと一言で言っても、いくつかの種類があります。まずは保険会社から手数料をもらっているファイナンシャルプランナーです。この種のファイナンシャルプランナーはもちろん顧客のニーズを考慮して生命保険を見直すのですが、どうしても手数料をもらっている会社の商品を紹介しがちになります。その商品が顧客に本当にあっていれば問題はないのですが、選択肢が狭い分一生付き合う保険としては不十分になるかもしれません。一方で独立系ファイナンシャルプランナーと呼ばれる人がいます。それは仲介手数料などをもらわず、保険会社から完全に独立して提案を行うファイナンシャルプランナーのことです。保険会社とのかかわりがないので、完全に独立した立場でプランニングを行うことができます。顧客の収入や支出などを分析する能力も高いことが多いです。その場で契約できないというのは多少のデメリットですが、長い目で見たときには、やはり顧客の利益を一番に考えてくれるファイナンシャルプランナーに相談した方が良いでしょう。中には非常に高い評判を得ているファイナンシャルプランナーもいます。少し相談料が高い傾向がありますが、保険料を少しでも安くできることを考えれば賢い投資と考えることもできるかもしれません。もしどの有料の生命保険見直し相談にしようか迷っている時には、独立系ファイナンシャルプランナーがいる事務所を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。