カテゴリー:未分類

記事一覧

無料の生命保険見直し相談の選び方

未分類

無料の保険相談は選び方が大事

無料の生命保険見直し相談を利用する場合、考えたいのがどの保険相談を利用するかということです。インターネット上で無料の生命保険見直し相談を検索すると、いくつもの情報が表示されるのでどこにしたらよいか迷ってしまうかもしれません。インターネット以外でもショッピングモールなどにある生命保険代理店では無料の生命保険見直し相談を実施していることがありますし、個人の生命保険代理店でも同様のサービスを実施している場合があります。これだけ無料の生命保険相談サービスがあふれているので、どこにするかによって、生命保険の見直し結果が変わること場合があるのです。自分の希望に合った見直しをしてもらうためにも適切な選び方を知っておくとよいでしょう。

選ぶ際のポイント

無料の生命保険見直し相談を申し込む前に、どこにするかをある程度決めておくことは大切です。生命保険代理店が実施する無料の生命保険見直し相談は必ずしもすべての生命保険を紹介してくれるわけではないからです。生命保険の代理店には、生命保険1社のみの保険商品を取り扱っている専売型代理店と複数の生命保険会社の保険商品を取り扱っている乗り合い型代理店に分かれています。専売型代理店は取り扱える生命保険商品の数が限られてしまうため、より広範囲の生命保険商品の中から適切な商品を提案してもらいたいと思う場合には不向きです。ただし専売型の場合、その代理店が取り扱っている保険商品を熟知しているため、生命保険商品のメリットを最大限生かした契約ができるという利点があります。保険料よりも補償内容を重視する場合は専売型を選ぶことができます。すでに契約したい生命保険が決まっている場合も専売型代理店で相談することでよりお得に契約できる場合があります。乗り合い型代理店は複数の生命保険商品の中から適切なものを紹介してくれるため、これから新たに生命保険を契約したい場合や、保険料を節約したい場合に向いています。特にいくつかの生命保険会社の生命保険を契約している場合は、乗り合い型代理店に依頼することで、保険の見直しを一括で済ませることが可能です。中には損害保険代理店を兼ねているところもあるので、トータルで保険の見直しをしたい場合には、とても便利だと感じることでしょう。専売型、乗り合い型のどちらとも国家資格を有しているアドバイザーが在籍していますので、心配する必要はありません。
「2017年現在」

無料の生命保険見直し相談の利用価値

未分類

ゼロ金利継続の影響

長引く不景気からの脱却を目指すため、市場にお金を流通させるためのあらゆる努力がはらわれてきました。その一環として政府日銀が導入しているのがゼロ金利政策です。ゼロ金利政策が続けられてきた結果、融資を受ける側にとってはメリットが出ていますが、お金を増やしたいと考えている人にとってはなかなかお金を増やせないという現状に直面しています。生命保険は資産運用の手段の一つとして活用されることがありますが、ゼロ金利政策の影響により、これまで販売されてきた生命保険の多くは、将来受け取ることができる払い戻し返戻金の額が少なくなってきました。このような状況に対処するためには生命保険の見直しを行うことが不可欠です。

生命保険の見直し相談の利用価値

生命保険を投資の一つとして考えているわけではないとしても、将来のための補償や蓄えをしっかりと確立しておきたいと考えるのは普通のことです。生命保険を契約しているのであれば、将来、より多くの払い戻し返戻金を受け取りたいと思うことでしょうし、仮に払い戻し返戻金の額が少ないとしても、より手厚い補償に切り替えて実質的に保険の価値を高めたいと考えることでしょう。そのような場合に活用できるのが、無料で出来る生命保険の見直し相談です。無料だからといって手を抜いているわけではなく、専門のアドバイザーが的確な提案を行ってくれるので安心できます。生命保険の見直し相談を行うアドバイザーは国家資格を有する人に限られています。なぜかというと生命保険は金融商品の一つであり、監督省庁が厳しく売買を監視しているからです。つまり信頼できるアドバイザーが個人の状況を調査して、それに合わせた生命保険の提案をしてくれるわけです。アドバイザーの中には国家資格の一つであるファイナンシャルプランナーの資格を有している人も含まれています。ファイナンシャルプランナーは保険契約者の収入や支出、資産、社会保険、年金、生命保険や損害保険の契約状況などを客観的に判断し、ライフプランを設計します。お子さんがいる場合には、養育費などの計算も行ってもらうことができます。その過程の中で適切な生命保険の契約方法や満期時の払い戻し返戻金をより多く受け取れる商品の情報を提案してくれます。つまりファイナンシャルプランナーのアドバイスを受け入れることで、保険に関する知識が少ない人でも安心して資産を有効活用することができるのです。
「2017年現在」

無料の生命保険見直し相談とは

未分類

生命保険はとても高い買い物

生命保険は人生の中で二番目に高い買い物といわれています。その理由は生命保険が終身もしくは長期にわたって契約するものが多く、保険会社に支払う保険料が結果的に非常に高くなるからです。仮に1カ月当たり1万円の保険料の生命保険を20歳で契約した場合、65歳に満期日を設定したとしたら支払う保険料の総額は780万円にもなります。自動車を購入する場合、一般的な普通自動車なら300万円もあれば購入できますから、自動車よりも高いことが分かります。人生で最も高い買い物がマイホームですから、生命保険が人生で2番目に高い買い物といえる理由がお分かりいただけるでしょう。

生命保険の見直しをする

生命保険が非常に高い買い物であることは事実ですが、今の契約をそのままにしておくとしたら、高い保険料を一生涯支払い続けることになってしまいます。そこで生命保険の見直しをすることが大切になってきます。生命保険の見直しとは、今契約している生命保険の契約条件をベースに、自分が契約している保険会社だけでなく他の保険会社の生命保険商品の見積もりを算定して比較することを指します。生命保険を見直しすることで、時代に合わせた最適な補償を組み立てることができるだけでなく、保険料をより割安にすることもできます。なぜ保険料が割安になるのかというと、保険会社は生命保険商品の補償内容や保険料の改定を定期的に行っているからです。補償内容をさらに手厚くしたり、保険料を引き下げたりといった改定をしています。生命保険の見直しをすることにより、今までと同じ保険料で補償がさらに手厚い保険商品を見つけることもできます。この場合、保険料負担は変わらないとしても、いざという時の補償が増えるもしくは広がるわけですから、実質的に得することになります。生命保険を見直す場合、無料の生命保険見直し相談を選択することができます。無料だからといって相談できる内容が制限されたり、選べる保険会社が限られたりしているわけではありません。実際、多くの人が無料の生命保険見直し相談を行って、保険料を節約することができています。仮に先ほどのケースをベースに毎月の保険料を1000円安くできたとしたら、一生涯でなんと54万円も節約できる計算になります。無料の生命保険相談は時間や相談できる場所をある程度自由に選ぶことができるので、忙しい人でも休みの日に相談することが可能です。
「2017年現在」

保険見直し相談を企業系FPに相談するメリットとデメリット

未分類

企業系ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーには独立系FPと企業系FPと呼ばれる人がいます。独立系FPというのは個人でファイナンシャルプランナーの事務所や保険代理店などを営んでいる人のことを指します。それに対して企業系FPというのは、銀行や証券会社、保険代理店に所属しマネープランの相談や提案を行う人のことを指します。前者はいわゆる個人事業主になり、後者は企業に勤務するサラリーマンです。独立系FPと企業系FPを比較して独立系FPを勧める人もいますが、ファイナンシャルプランナーの業務内容を調査してみると、企業系のファイナンシャルプランナーに依頼する場合もそれなりのメリットがあることがわかります。

企業系FPに相談するメリットとデメリット

企業系のFPにマネープランや生命保険の見直し相談を依頼する場合のメリットは、相談先の銀行や保険代理店が取り扱う保険商品についての知識が豊富なだけでなく、より有利な仕方で契約する方法を提案してもらえることです。生命保険会社が販売する保険商品は一つだけではありません。各社ともバラエティに富んだ保険商品を販売しています。しかも企業系FPは普段の業務で保険に関するありとあらゆる情報を収集しています。特に自社が取り扱う商品についてはなおのこと精通しているのです。契約方法を調整したり、特約を付加したり外したりして、保険料を安くしたり、同じ保険料でも保障をより手厚くすることもできます。簡単に言えば自社が取り扱う商品の中からより相談者の要望に合った保険商品を提案できるので、相談者に有利になるといえるのです。仮に銀行のローンを組もうと考えている場合などは企業系のFPに相談することで、保険とセットで適切なライフプランを組み立ててもらえるだけでなく、有利な審査条件を提示してもらえる可能性もあります。デメリットもあります。それは自社が取り扱っていない生命保険商品については、提案ができないことです。ある程度の知識は持っているとしても、結果的に自社が販売する商品の提案になってしまいます。生命保険についての知識が豊富な人が相談する場合には、物足りないと感じるかもしれませんし、より幅広い観点から見直しを希望する人にとっては満足できない内容になってしまいます。このことから分かるのは、企業が販売している商品を契約するつもりなら企業系FPに相談し、そうでない場合には独立系FPを選択するとよいということです。