投稿者:millionnavihoken

記事一覧

日本FP協会で生保有料相談のホームページを検索

未分類

■日本FP協会会員に生命保険の見直しを相談しよう

いざという時に必要な保障を確実に受け取るためには、定期的な生命保険の見直しは欠かせません。生命保険の保障内容や補償金額はもちろん、加入している保険会社についての検討も必要です。自然災害や伝染病の大流行で多くの人が一度に保険請求をした場合、経営がしっかりした保険会社でないと必要な補償をすぐに受け取れない場合もあるからです。保険会社の営業マンは自社の経営について話すことはありませんし、金融や保険についての専門知識のない人が自分で保険会社の経営状態まで調べるのは大変です。日本FP協会の会員であれば、高い倫理基準を守る義務がありますので、押し売りされる心配もなく安心です。

■日本FP協会会員の中から有料相談できるFPを探す方法

日本FP協会にはCFP®認定者以外にも優秀なFP(ファイナンシャルプランナー)はたくさん所属していて、日本FP協会のホームページから所属会員のホームページを検索することができます。例えば、MDRT会員という称号を受けているFPがいます。毎年世界の生命保険と金融セールス上位5%に選ばれたセールスマンで構成され、もし次の年に上位5%に入らなければ会員としての資格を失うこともあります。MDRT会員であったり、社団法人生命保険協会が認定しているトータル・ライフ・コンサルタント(TLC)やシニア・ライフ・コンサルタント(SLC)の取得者の中には、あえてCFP®認定を申請しないとびきり優秀なFPもいます。CFP®認定者以外にも範囲を広げて優秀なFPを探したい場合は日本FP協会のホームページから日本FP協会会員のホームページを探すという方法もあります。「FPに相談する」→「希望条件にあったFPを探す」→「会員ホームページ検索」で探していくと見つかります。相談したいFPが住んでいる都道府県名を選択します。相談したい専門分野を選んでチェックを入れます。気になる内容はいくつ選んでも大丈夫です。チェックを入れないと該当する都道府県に住んでいるすべてのFPのホームページがリストアップされます。相談したいFPの名前がわかっていれば、名前からでも検索できます。条件をすべて入力し終わったら、「検索する」をクリックします。条件に該当するFPのリストには、FPの名前や持っている資格、ホームページアドレス、所属事務所、セールスポイントなどが見れます。各会員のホームページにアクセスすると、そのFPの詳しい経歴や業務内容が分かります。直接連絡が取れるメールアドレスや電話番号も見つかります。

2017年現在

日本FP協会を利用して有料保険相談を検討するメリット

未分類

■日本FP協会とは

人生の目標や夢を実現させるためにはお金も必要です。そのために自分の資金をどのように配分していくか具体的な計画を立て、経済的な側面からサポートする方法をファイナンシャル・プランニングと言います。ファイナンシャル・プランニングには、保険や教育資金、住宅ローン、不動産、年金制度、家計にかかわる税制など専門的かつ幅広い知識が必要です。FP(ファイナンシャルプランナー)はこうした知識を備え、顧客の目標や夢の実現のためのファイナンシャル・プランニングをサポートしてくれます。日本FP協会は、FPを育成し、資格のある人を認定し、日本全国のFPを組織としてまとめあげているNPO法人です。他の国のFP認定団体とのやり取りは日本FP協会を通して行われます。

■日本FP協会経由で有料の保険見直し相談を探すメリットとは

必要とされる生命保険の保障内容や補償金額は日々変化しますから、人生の節目に限らず、2~3年に一度は加入している生命保険の見直しをすることが理想とされています。昨今は、無料で生命保険の見直しをしてくれる保険ショップが増え、以前よりずっと気軽に保険の見直し相談ができるようになりました。しかし、無料の相談所の場合、スタッフがすべて専門家であるとは限りません。国家資格には業務独占資格と名称独占資格があり、医師や弁護士などは業務独占資格に属し、FPは名称独占資格に属します。業務独占資格の場合は、その資格を取った人しか業務をしてはいけない決まりですが、名称独占資格の場合、資格試験に合格していなくても業務に当たることは法律上何の問題もないのです。無料の相談所では、ファイナンシャル・プランニングについての専門知識がない人や経験の浅い人も相談員として働いている場合があります。日本FP協会は、金融や保険の専門家を育成・認定する組織であり、日本で活躍するFP技能士のほとんどが日本FP協会に加入しています。特に日本FP協会が認定するAFP資格は実務経験2年以上とFP技能検定2級合格以上が必須条件ですから、AFP資格取得者ならば知識・実績とも安心です。AFP資格のさらに上位にCFPという資格があります。CFPは世界の24の国や地域が共通して認めるFP技能水準で、日本では日本FP協会が認定しています。AFP資格者で3年以上の業務実績があり、CFPエントリー研修を受け、6種類の試験に合格したFPだけが取得できます。保険は安い買い物ではありませんし、いざという時に必要な保障を確実に受けられるようにするには、有料でもしっかりした専門家のサポートを受けた方が確実です。

2017年現在

有料の生命保険見直し相談はどんな人がしているの?

未分類

■有料の保険見直し相談はどこで探す?

独身の時は医療保障を厚くしていた人でも、結婚して子どもが生まれると、子どもの教育費や住宅の購入のためにもっとお金を取り分けておきたいと思うかもしれません。万が一の時に備えて妻子のために死亡保障を厚くしたいと思う人もいることでしょう。家計や保険の専門家のチカラを借りれば、数ある保険会社のプランの中から自分や家族の必要にあった保険を効率良く選ぶことができます。FP(ファイナンシャルプランナー)、それが家計と保険の専門家です。ご近所のFPを探すには、日本FP協会のCFPR認定者検索システムを使うと便利です。

■有料の保険見直しの相談者の資格とは

FP技能士を名乗るには国家試験に合格する必要がありますが、実は、FP(ファイナンシャルプランナー)と名乗るだけであれば、国家資格は必要ありません。名刺やホームページにFP(ファイナンシャルプランナー)と書いてあったとしても、国家資格取得者だというわけではありませんから注意しましょう。
FP技能検定:1~3級まであり、日本FP協会と金融財政事情研究会が実施しています。2級と3級はどちらで申し込んでも同じ試験内容ですが、1級は金融財政事情研究会だけが実施します。実技試験は日本FP協会は資産設計提案業務、金融財政事情研究会は保険顧客資産相談業務、また生保顧客資産相談業務に損保顧客資産相談業務、そして個人資産相談業務です。資産設計提案業務には保険顧客資産相談や損保顧客資産相談業務の内容が含まれます。日本FP協会、金融財政事情研究会、どちらで合格しても資格としては同等です。_x000D_

AFP認定:FP技能検定3級は、FPを目指す人すべてが受験できますが、2級はFPとしての実務経験2年以上が必要です。FP技能検定2級合格後、日本FP協会へ登録し同協会が行うFP認定研修を修了するとAFP認定資格を取得できます。AFP認定研修では、インタビュー技術・提案書の作成技術・プラン実行援助などについて訓練を受けます。_x000D_

CFP認定:AFPの認定を受けるとCFPの受験資格を取得できます。CFPは北アメリカ・アジア・ヨーロッパなど世界の24の国や地域で認められる世界水準の資格です。日本での認定は日本FP協会が行っています。
MDRT認定:世界の生命保険や金融サービス分野の専門職で上位5%の成績を収めている優秀なFPで構成され、アメリカや香港など世界の70の国や地域にある500社以上の保険会社の約5万人が会員となっています。会員同士での勉強会もあり、FPの中でも特に優秀な人だけが認定を受けられます。

2017年現在

有料の生命保険見直し相談を利用するメリットとは

未分類

■有料の保険見直し相談とは

幸せな生活は不安と隣り合わせでもあります。事故や災害、病気やケガによって今の幸せが一度に崩れてしまうリスクは誰にでもあります。聖書の一節に「金(かね)は身の守り」という言葉があります。お金があればすべての問題を解決できるわけでもありませんが、不測の事態にある程度の現金が手元にあれば、心に多少の余裕ができ、時間をかけて最善最良の方法を探すことが可能です。そのために保険が必要なのです。しかし、保険の保障内容や補償金額はライフステージの変化によって変わってきます。プロの目で加入している保険を定期的に見直すことによって、万が一の時に必要十分な補償を得られるプランにしておくことが可能です。1回の相談料は3,000円~10,000円が相場です。

■有料の保険見直し相談を利用するメリットとは

20世紀の日本では、保険の契約と言えば、家や職場にやって来た保険の外交員から説明を受け、勧められたプランに加入するのが当たり前でした。しかし、保険会社によって保障の厚い分野は異なり、ガン保険に強い保険会社が年金保険にも強いとは限りません。付き合いのある1社ですべて契約してしまうと、総額が生活費を圧迫することもあるでしょう。いろいろな保険会社から契約していると、保障内容が重複していても気が付かないというリスクも発生します。いざという時に十分な保障を必要な金額で契約するには、保険のプロのアドバイスがどうしても必要です。保険などの金融商品を扱う国家資格にFP(ファイナンシャルプランナー)技能士があります。日本以外の国でも通用するCFPやAFPという資格を持って独立起業している人もいます。FP技能士は金融・保険・年金・不動産・住宅ローン・税制などお金にまつわるあらゆることを勉強しており、異なる保険会社の保険商品を組み合わせる時に起こりがちな漏れや重複を発見して、必要十分な保険のプランニングをしてくれる頼れるエキスパートなのです。1999年にオープンした保険クリニックの取り組みが評判になり、今では全国各地で保険の無料相談を受けられるようになりました。いろいろな保険会社のプランを見比べて、自分や家族の必要やこだわりに合ったプランをオーダーメイドで組み合わせられるのが、保険ショップを利用する最大のメリットです。しかし、無料の相談所は、FP技能士などの国家資格や専門知識を持つ実務経験豊富なスタッフばかりではありません。相談したばかりに、いざという時に役に立たない保険に替えてしまったという人もいますから、きちんと費用をかけてプロにお願いするメリットは十分あります。

2017年現在