月別:2018年09月

記事一覧

後田亨氏に有料で生命保険の見直し相談がおススメな理由

未分類

■FP有料相談で有名な後田亨氏とは

オフィスバトン「保険相談室」の代表者です。無料の生命保険の見直しを相談が当たり前になっている中で、有料相談の優位性を発信しています。1959年生まれで、長崎大学経済学部を卒業、1995年に日本生命保険相互会社に転職し、2005年に複数の保険会社の代理業務を行う保険ショップに勤務、保険ショップ在籍中に講談社から出版した『生命保険の「罠」』がベストセラーになりました。2014年に独立して、売手の都合から完全に離れた情報発信に努めています。著書に「生命保険のウラ側」「保険会社が言わないホントの保険の話」「生命保険は入るほど損?!」などがあります。

■後田亨氏に有料で生命保険の見直し相談するメリット

生命保険の見直し相談は今や無料が当たり前、数社の相乗り保険代理店が中立的な立場から顧客にぴったりの保険商品をコーディネートするという触れ込みですが、本当に中立なアドバイスなのでしょうか。FP(ファイナンシャルプランナー)が無料で相談に乗れるのは、顧客が新しく保険契約をしてくれるからです。もし、契約変更しない人ばかりだとしたら、そのFPには収入がありません。生活のためには、押し売りと感じられない巧みな方法で、保険の契約を取ろうとするはずです。しかし、生命保険の場合、保険を掛け替えない方が満期になった時の受取額が高いこともあるのです。もし、相談料として合理的な金額を受け取っているのであれば、FPは生活のために小細工をする必要はありませんから、FPと顧客ウィンウィンの関係ではなく、顧客の利益を100%優先しての結論を出すことが可能です。ただし、後田亨氏はCFP®認定もAFPの認定も受けていません。日本生命とのちの相乗り保険ショップにてたたき上げられた保険専門の営業マンです。後田亨氏のオフィスバトン「保険相談室」に相談する場合の相談料は1時間10,800円です。自宅や勤務先で相談を受ける場合は、交通費も負担しなければなりません。一見、高く感じるかもしれませんが、後田亨氏は保険契約にはノータッチで、保険契約の手数料を保険会社からは受取りませんし、相談を受けた後に顧客にとって最適な保険を調査したり見積を考えるのに最低でも2~3時間は必要だと考えると合理的な金額だといえるかもしれません。メールまたは電話で申し込みます。顧客は自分が加入している保険や加入したいと思っている保険の資料を後田亨氏のオフィスに送付します。面談はオフィスのある横浜や東京都内主要駅近辺、もしくはスカイプで行われます。

2017年現在

保険マンモスの有料保険見直し相談を利用するメリットとは

未分類

■保険マンモスの有料の家計&保険相談とは

保険見直しの無料相談をしている保険マンモスの有料サービスです。保険マンモスが提携しているFP(ファイナンシャルプランナー)はどの人もスキルが高くて、経験も実績も豊富なアドバイザーですが、その中でもMDRTというFPのトップクラスの会員資格を持ち、保険マンモスの紹介で何度も保険相談を請け負っている実績があり、コンサルティング能力が特に優れていると評判のFPだけを厳選して紹介してもらえます。FPの紹介は税込みで5,400円かかりますが、相談料は何回でも無料です。FPの紹介料は保険マンモスの指定銀行口座に振り込みます。

■保険マンモスの有料の家計&保険相談を利用するメリット

保険マンモスにも経験の浅いFPはいます。無料相談だと何となく不安であるとか、専門分野について深く突っ込んで相談したい人や、資産運用も兼ねてどうしてもトップクラスのFPに相談したい人にお勧めのサービスです。もし、有料で紹介されたFPに相談した後、紹介されたFPに不満があれば、10日以内にメールで保険マンモスに連絡すれば、無料で別のFPを紹介してもらえますし、別のFPが見つからない場合は返金保証もあります。FPの資格には国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士と国外の資格ではあるものの国際的に通用するCFP資格とAFP資格などがあります。保険マンモスの有料の家計&保険相談で紹介される人のMDRTは何かの試験に合格した証ではありません。MDRTという肩書は、世界で活躍する保険営業マンの上位5%に入っていますという意味です。アメリカや香港など世界の70の国や地域にある500社以上の保険会社の保険営業マンが参加しているランキングで、その中の上位5%が会員として選ばれ、現在の会員数は約5万人です。日本人も多数ランクインしています。MDRT会員に選ばれるには、保険と金融についての卓越した知識だけでなく、顧客の利益を優先し、法律を遵守し、道徳的にも模範的でなければなりません。つまり、MDRT会員であるということは、世界的に評価されている極めて優秀なFPだということです。保険マンモスの有料の家計&保険相談は誰でも利用できるわけではありません。休職中や現在定職についていない人は申し込みできません。ワンランク上の保険見直し相談を望む人に、ぜひ活用していただきたいプランです。

2017年現在

有料の保険見直し相談を利用する上で注意したいこと

未分類

■有料の生命保険見直し相談のデメリット

企業に雇われているFP(ファイナンシャルプランナー)と違って、独立して事務所を開いているFPに有料でアドバイスをしてもらう方が中立的なアドバイスを期待できますが、FPも人間ですから相性があります。CFPやMDRTなど優秀なFPだけが持つ称号もありますが、優秀な人が自分に合うとは限りません。無料相談を行っている保険ショップの中にも優秀な人材はいますし、価値観や考え方などの相性も良い場合もあるのです。高いお金を払って相談してもFPとの相性が悪いと経済的にも気持ちの上でもダメージは大きいです。

■有料の生命保険見直し相談で失敗しないために

生命保険の金利の話は非常に複雑です。生命保険の中には途中解約した時に返戻金がある場合でも契約内容によっては、解約するタイミングで解約返戻金が今まで払った保険料よりも低くなることも高くなることもあります。どのタイミングで掛け替えるか、はたまた現状維持にするのか見極めるには、本当に顧客の利益を考えてプランニングをしてくれる専門家の助けが必要です。どうすれば、自分と相性が良く、信頼できるFPを探せるでしょうか。実務経験が豊富で優秀なファイナンシャルプランナーの中には、国家資格を持たない人もいますが、有料で相談するのであれば、国家資格試験に合格した人の方がお勧めです。雑誌で取り上げられていたり、本を執筆しているFPの中には講師としては優秀でも、個別相談の経験は少ない人もいますから、相談前の情報集めも大切です。日本FP協会のホームページを見ると、登録FPの詳しいプロフィールを検索できますし、それぞれのFPのホームページを見ていけば、そのFPの人となりや価値観・感性などが見えてくるはずです。保険マンモスが運営する保険のチカラでも全国のFPのプロフィールを検索可能です。FPにはそれぞれキャリアに応じた得意分野があります。生命保険の保障内容で、自分が特に相談したい分野で経験を積んでいる人を選ぶのも大切です。また、相談料についても事前に確認しておけば、相談後に気まずい思いをしないで済みます。どこの保険会社にも属さない独立系のFPは、有料での相談もしてくれますが、同時に保険マンモスなど生命保険の見直し無料相談と提携していることもあります。無料相談で何人かのFPと知り合い、感性や価値観が自分と似ている人が見つかったなら、その人に個人的に有料で相談をお願いするのも良いかもしれません。

2017年現在

CFP®認定者検索システムで有料相談できるFPを検索

未分類

■CFP®認定者検索システムとは

日本FP協会が運営する優秀なFP(ファイナンシャルプランナー)を検索するためのシステムで、日本FP協会のホームページの中にあります。日本FP協会からCFPの資格にかなっていると認定されたFPのうちCFP®認定者検索システムに実名とプロフィールを載せることに同意したFPの情報が載っています。相談したいエリアと相談内容を入力して検索すると、該当するFPの氏名、年齢、経歴、実績、1時間当たりの相談料、所在地・対応可能エリア、メール相談ができるかできないか、得意分野・対応可能分野などを知ることができます。検索で出てきたCFP®認定者に直接連絡して、生命保険の見直し相談を有料でお願いできます。

■有料で相談できるFPを探せるCFP®認定者検索システムの使い方

まず日本FP協会のホームページにアクセスします。「FPに相談する」→「希望条件にあったFPを探す」の順にクリックしていくと見つかります。CFP®認定者検索条件を入力します。FPとの相談は対面相談がメインですから、所在地は1カ所以上入力しましょう。自宅か勤務先の近くがお勧めです。相談分野を6つのパネルのうちのどれか一つ選択します。パネルの上にマウスを乗せると、それぞれのパネルの詳細情報が現れますので、どのパネルを選んだら良いかの参考になります。CFP®認定者の性別や年齢を指定して絞り込むこともできます。依頼内容や相談料金、保有資格などもっと細かい範囲で絞り込みたい場合は、「+もっと詳細な条件で検索する」をクリックします。無料の生命保険見直し相談で知り合ったFPの名前がわかっていれば、漢字が分からなくてもFPのオフィスやホームページを探すこともできます。「条件を指定してFPを探す」をクリックすると、検索条件に該当するCFP®認定者がリストアップされます。リストはCFPの保有年数や年齢、相談料、都道府県名順に並べ替えることも可能です。リストの写真かプロフィールの下にある「詳細を見る」をクリックすると、そのCFP®認定者の詳細なプロフィールが見れます。プロフィールの一番下には「FPに問い合わせる」という灰色のボタンと「HPに移動する」という青いボタンがあります。CFP®認定者のホームページをさらに読み込んでから連絡を取っても良いですし、直接、CFP®認定者に連絡をを取っても良いでしょう。日本FP協会は優秀なFPのプロフィールを紹介はしていますが、あっせんしているわけではありませんから注意してください。

2017年現在