無料の生命保険見直し相談の落とし穴

未分類

知識ゼロで相談をしないように
時々、ファイナンシャルプランナーがいるから自分は何もしなくても大丈夫と思っている方がいます。しかし実際に保険に加入して保障を受けるのは自分なのですから、最低限の知識は持っている必要があります。何もせずにいざ面談に行って相手の言われるままに契約してしまうという落とし穴にはまることのないようにしましょう。どんなに忙しくても、どのくらいの保険料でどのくらいの補償を受けたいというビジョンは持っておく必要があるでしょう。そのうえで同じくらいの保険料でより厚い補償が受けられる生命保険や同じ保障でも保険料が安い生命保険を提案してもらうことができるかもしれません。決してファイナンシャルプランナー任せにしないようにしましょう。

相談した後すぐに解約してはだめ
もう一つ多くの人が陥りがちな落とし穴があります。それは無料の生命保険見直し相談をして生命保険を変更すると決めた後、すぐに以前の保険を解約してしまうというものです。確かに保険の適用期間が重なっていると保険料がもったいない感じはします。そう考える人はすぐに以前の保険を解約して新たな保険の適用期間に入っていると考えます。しかし解約する前によく考える必要があります。というのは、生命保険の保証期間が始まるためには申込書と医師の診断書、初回保険料の支払いがすべて確認されなければならないからです。この三つの要素のうちどれか一つが欠けても保険適用期間には入れません。この三つが揃っていないうちに以前の保険を解約してしまうとどちらの保険も適用されずに無保険状態になってしまいます。もちろんその短い期間の間に命に危険が及ぶということはほとんどありませんが、たとえ短い期間でも不安という方は気を付けて保険の谷間ができないようにしましょう。もし心配という方は、多少保証期間が重なっても保険料を支払っておいた方が無難です。またいつ申込書と診断書、初回保険料の支払いが揃うかも考える必要があります。生命保険では申し込みをした月の保険料は支払う必要がありません。したがってできるだけ月初めにこの三つが揃うようにした方が顧客に有利になります。逆に月末に初回保険料を支払った場合にはその月の末日までの分しか保証されませんから若干損をしてしまいます。細かい点のように思えるかもしれませんが、保険料は意外と高いものなのでできるだけ損をしないようによく考えて支払うようにしましょう。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL