有料の生命保険見直し相談をFPに依頼する

未分類

お金に関するエキスパート

有料の生命保険の相談をファイナンシャルプランナーに依頼するという人が増えています。ファイナンシャルプランナーは頭文字をとってFPとも言われますが、お金の使い方に関するエキスパートといっても過言ではありません。お金の流れについてはさまざまな分野があります。例えば納税に関する事柄については税理士、公的年金や国民健康保険、社会保険についての相談は社会保険労務士といった具合です。ファイナンシャルプランナーはお金の流れに関するあらゆる情報を把握し、適切な提案をする人のことを指します。ファイナンシャルプランナーは国家資格の一つで、難関資格の一つともいわれています。

保険相談をファイナンシャルプランナーに依頼するメリット

ファイナンシャルプランナーは依頼者の収支に関する情報や資産についての情報に基づいて適切なライフプランの提案を行います。ファイナンシャルプランナーには金融全般についての提案をするFP資格と、生命保険などの保険商品に絞って相談や提案を行う生保系FPがいます。生命保険に限らず節税対策や資産運用などの幅広い分野に関する提案を必要としている場合には、すべての分野が扱えるFP資格融資者に相談することをお勧めします。ファイナンシャルプランナーに相談することで得られる答えは多岐にわたります。具体的には年金、不動産、税金、相続、資産運用、保険といった分野です。金融に関する幅広い分野が守備範囲となるので、必要な情報や提案がワンストップで手に入ります。生命保険の見直しをする場合、生命保険だけでなく資産運用や今借入しているローンについての相談も併せて実施してもらえるので、適切な返済方法の立て方や資産運用術を提案してもらえます。幅広い金融に関する知識を有しているからこそ適切な提案ができるのがファイナンシャルプランナーなのです。相談できることはたくさんあるかもしれません。例えば子供の養育費や教育費をどのように確保するか、新たにマイホームを手に入れたいと思った場合の住宅ローンの借り入れに関する提案、生命保険を見直してより今のライフスタイルに合った保障を立てることなどが含まれます。ファイナンシャルプランナーに遠慮する必要はありません。ファイナンシャルプランナーには守秘義務があり、得た情報を第三者に提供することが固く禁止されています。だからこそ安心して保険の見直し相談ができるといえるのです。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL