有料の生命保険見直し相談を選ぶ際のポイント

未分類

サービスはすべて一律ではない

有料の生命保険の見直し相談を考えている場合、どの代理店や事務所に依頼するかについて判断が難しいと感じる人がいます。対価を支払って相談するわけですから、期待に応えてくれる代理店や事務所に依頼したいと思うのは当然のことです。生命保険の見直し相談を受け付けるファイナンシャルプランナーや保険代理店の担当者はだれもが同じ見方や基準を有しているわけではありません。知識や経験の幅も違います。つまり依頼する相手によって結果が変わる可能性があることを示しています。このような観点から考えるなら、代理店や事務所選びは慎重に行いたいと思うことでしょう。どうすれば希望に合った代理店や事務所を見つけられるのでしょうか。

選ぶ際のポイント

有料の生命保険の見直し相談を依頼する場合、選ぶ際のポイントを押さえておく必要があります。まず選ぶ際に考えたいのが個人か企業かという点です。ファイナンシャルプランナーには個人代理店や事務所を構える個人FPと店舗型代理店や企業代理店に勤務する企業FPがいます。どちらにしてもファイナンシャルプランナーの資格を有しているのですが、保険の見直しをする際の提案内容に違いが生じることがあります。まず個人FPの場合、私見による判断が多くみられます。これは個人FPが企業の販売方針にとらわれずに提案ができることが関係しています。私見である以上、提案される内容が自分に合う、あわないということが有り得ます。個人FPとの波長が合えば、とてもいいのですが、必ずしもそう行くとは限りません。ただし保険会社との関係に縛られずに保険の提案ができるという強みもあります。より公平的な判断を望む場合には、個人FPのほうが良いといえるでしょう。企業FPの場合、企業代理店などが推進する方向性に沿って提案を行うケースが多くみられます。提案内容は実務的なものが多く、実際的に役立つものも多くみられます。ただし企業代理店などの場合、自社が取り扱っている保険商品を勧めようとする可能性があります。そうなると本当に必要としている見直しができない可能性もあります。提案される内容は可もなく不可もないものが中心になるため、保険に詳しい人にとっては満足度にかける提案になることもあります。そこで依頼する前に予定している事務所や代理店の経営方針や評判をチェックすることをお勧めします。口コミなどをチェックすると、自分が知らない部分も見えてくるので客観的に判断できます。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL