• 有料の生命保険見直し相談はどんな人がしているの?

有料の生命保険見直し相談はどんな人がしているの?

未分類

■有料の保険見直し相談はどこで探す?

独身の時は医療保障を厚くしていた人でも、結婚して子どもが生まれると、子どもの教育費や住宅の購入のためにもっとお金を取り分けておきたいと思うかもしれません。万が一の時に備えて妻子のために死亡保障を厚くしたいと思う人もいることでしょう。家計や保険の専門家のチカラを借りれば、数ある保険会社のプランの中から自分や家族の必要にあった保険を効率良く選ぶことができます。FP(ファイナンシャルプランナー)、それが家計と保険の専門家です。ご近所のFPを探すには、日本FP協会のCFPR認定者検索システムを使うと便利です。

■有料の保険見直しの相談者の資格とは

FP技能士を名乗るには国家試験に合格する必要がありますが、実は、FP(ファイナンシャルプランナー)と名乗るだけであれば、国家資格は必要ありません。名刺やホームページにFP(ファイナンシャルプランナー)と書いてあったとしても、国家資格取得者だというわけではありませんから注意しましょう。
FP技能検定:1~3級まであり、日本FP協会と金融財政事情研究会が実施しています。2級と3級はどちらで申し込んでも同じ試験内容ですが、1級は金融財政事情研究会だけが実施します。実技試験は日本FP協会は資産設計提案業務、金融財政事情研究会は保険顧客資産相談業務、また生保顧客資産相談業務に損保顧客資産相談業務、そして個人資産相談業務です。資産設計提案業務には保険顧客資産相談や損保顧客資産相談業務の内容が含まれます。日本FP協会、金融財政事情研究会、どちらで合格しても資格としては同等です。_x000D_

AFP認定:FP技能検定3級は、FPを目指す人すべてが受験できますが、2級はFPとしての実務経験2年以上が必要です。FP技能検定2級合格後、日本FP協会へ登録し同協会が行うFP認定研修を修了するとAFP認定資格を取得できます。AFP認定研修では、インタビュー技術・提案書の作成技術・プラン実行援助などについて訓練を受けます。_x000D_

CFP認定:AFPの認定を受けるとCFPの受験資格を取得できます。CFPは北アメリカ・アジア・ヨーロッパなど世界の24の国や地域で認められる世界水準の資格です。日本での認定は日本FP協会が行っています。
MDRT認定:世界の生命保険や金融サービス分野の専門職で上位5%の成績を収めている優秀なFPで構成され、アメリカや香港など世界の70の国や地域にある500社以上の保険会社の約5万人が会員となっています。会員同士での勉強会もあり、FPの中でも特に優秀な人だけが認定を受けられます。

2017年現在

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL