有料の生命保険見直し相談の相場

未分類

相談費用は一律ではない

有料の生命保険の見直し相談をする場合、事前に保険相談費用の相場をチェックしておくのは大切です。なぜなら保険相談費用はファイナンシャルプランナーや保険代理店の事務所によって異なるからです。一律で料金が決まっていればよいのですが、報酬がまちまちなため、依頼する際に提示される費用が平均的なのかそれとも高いか安いかを知っておく必要があるのです。いくつかの代理店やFP事務所の料金をチェックして平均的な相談費用を計算する必要がありますが、だれもが時間に余裕があるわけではないため、ある程度の相場を把握しておきたいと思うことでしょう。相場は独立系のファイナンシャルプランナーと企業系のファイナンシャルプランナーによって若干の差がありますが、ここでは人気が高い独立系FPの相場を取り上げます。

独立系FPへの相談費用の相場

生命保険の見直し相談を独立系のファイナンシャルプランナーに依頼する場合、費用はいくつかの分野に分かれています。最初に支払うことになるのが初回相談費用です。独立系FPの場合、地域によって若干の差がありますが、初回相談費用は5000円~10000円が相場です。相談時間は最大60分までというところがほとんどです。初回相談の次に依頼するのがライフプランの作成です。この場合、ライフプランを作成してもらうものと、生命保険に絞り込むなどピンポイントで相談するものとに分かれているケースが多いです。ライフプランを作成してもらう場合、複数回相談を実施します。その際に収入と支出、将来受け取れる公的年金などの情報も提示します。資産運用なども含めて相談を依頼する場合の費用の相場は10万円~20万円程度です。平均すると3回の相談を実施しますので、一回当たりの相談費用は約3万円~7万円程度ということになります。企業経営者などに対しては年間定期顧問契約を結んでコンサルティングを実施します。定期契約の場合、随時マネープランに関する相談ができるので、流動的な資産を運用している場合などに役立ちます。年間定期契約を結ぶ場合、相場は20万円以上です。費用が結構掛かると思われた方もいるかもしれません。生命保険や投資信託、不動産投資にはかなりの費用が掛かります。ファイナンシャルプランナーの目から見てマネープランを調整してもらうだけでも、かなりの費用を節約できます。トータルで考えると、コンサルタント料として支払う以上のお金を節約できます。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL