有料の生命保険見直し相談の流れ

未分類

相談前に知っておくべきこと

有料の生命保険見直し相談を依頼する場合、ファイナンシャルプランナーや保険代理店は基本的な手順に従って保険相談を勧めます。どの場合でも流れはほぼ同じですので、一度覚えておくと実際に相談する際に役に立つことでしょう。保険の見直し相談を依頼する場合、かかる時間は1~2時間くらいを見込んでおくことをお勧めします。より正確なプランを提案してもらうためにも、前もって準備しておくとよいものもあります。保険の見直し相談を申し込むと、当日必要なものについての案内がきます。記載されている情報に基づいて必要な資料をまとめておくと当日の相談がスムーズに進みます。資料を忘れないようにすることが大切です。

相談の手順

生命保険の見直し相談を依頼する場合、次のような手順に従って進められていきます。最初に行われるのがヒヤリングです、依頼者の現在の生命保険などの契約情報の確認や、どのような保障を設定したいのか、必要なのかどうかがわからない保険がある場合、継続したほうがいいのかどうか、といったことも自由に尋ねられます。できるだけ正確に伝わるように、相談当日は保険証券などを準備しておくことが必要です。生命保険だけでなく、損害保険の見直しを同時に実施する場合も、該当する保険の保険証券を準備しておきます。これで最初の段階は終了です。ヒヤリングの次は保険に関する情報提供とライフプランの作成です。ファイナンシャルプランナーや相談窓口の担当者は現在契約している保険以外にも、収入や支出に関する情報提供を求めます。いくつかの適切なプランを提示して、相談者にも分かりやすいように保険の追加契約や補償内容の変更についての相談を実施します。得られた情報に基づいて、ライフプランを作成し、今後必要になるお金と保障額についての情報を提供していきます。この時点でファイナンシャルプランナーはプランニングをしっかり行い、適切なプランの提案がされるでしょう。プランの提案が終わったら次の段階に入ります。最終段階では生命保険の再契約もしくは追加契約の意思確認、解約する必要がある補償についての情報をもとに解約手続きを実施します。最終的に提案された情報に納得できなければ改めて見直しを実施し、納得できた場合には契約手続きへと進みます。どのケースでも流れはほとんど変わりません。提示されたプランに納得できるかどうかは私たち保険契約者にかかっています。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL