有料の生命保険見直し相談のデメリット

未分類

有料の生命保険見直し相談は相談料の負担がデメリット
有料の生命保険見直し相談のデメリットとしてまず挙げられるのがその相談料でしょう。もちろん相談料を支払って質の高い提案が受けられればデメリットではないのですが、中には相談料だけ取ってあまり良い提案をしないところもあるので注意が必要です。相談料は場所にもよりますが、3,000円から10,000円程度となっています。ほとんどの有料の生命保険見直し相談ではどの会社からの影響も受けずに顧客のニーズに合った生命保険の提案をしてくれるのですが、中にはこの相談料を取りながら販売手数料の高い保険に加入させようとする悪質なところもあるので注意しましょう。インターネットの口コミなどを見れば、どの事務所や会社が本当に親身になって相談に乗ってくれるのかをある程度知ることができるでしょう。

有料の生命保険見直し相談のその他のデメリット
有料の生命保険見直し相談の別のデメリットとしては、ファイナンシャルプランナーが最新の状況に通じていない可能性があることが挙げられます。ファイナンシャルプランナーとして事務所を構えている場合、顧客の利益を最大限考慮した提案をしてくれる可能性が高くなります。特に保険会社から手数料をもらっていなければ、顧客のニーズをしっかりくみ取ってプランニングしてくれることでしょう。しかし保険会社から手数料をもらっていないということは、商品の情報も入っていない可能性が高いということです。保険会社の商品は一定期間で変更されますし、保険料や保障内容にも変更が加えられることがあります。そうした最新の状況に通じていなければ、今現在の最適な生命保険を提案することはできないでしょう。また保険会社から委託されているファイナンシャルプランナーでなければ、その場で保険に加入するということができません。ファイナンシャルプランナーから話を聞いて、もう一度保険会社に契約のために行くという二度手間になってしまう恐れもあります。商品の情報が少ないと選択肢も狭まりますし、支払った相談料に見合った話し合いができないこともあるかもしれません。もちろんこうした残念な結果にならないために、インターネットでは有料の生命保険見直し相談の評価や口コミがまとめられたサイトが運営されています。それぞれの特徴もピックアップされているので、そのサイトを見てどこにするかある程度目星をつけておけば、失敗する確率を最小限に抑えることができるでしょう。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL