有料の生命保険見直し相談と他の金融商品

未分類

法律は大きな味方
生命保険と法律というとあまり関係がないように思えます。一般的に法律は社会生活を送るためのルールのように思われており、守らなければ罰せられるものというイメージがあるからです。しかし生命保険や投資という観点からみれば、法律は国民の大きな味方になりえます。もちろん法律の知識など持っている人はそれほど多くありません。生命保険をどうやってお得にするかという法律的な知識は、やはりファイナンシャルプランナーなどの有料の生命保険見直し相談を利用して聞いてみるしかないでしょう。自分で勉強するのには限界があるので、少しお金を払ってでも楽な方法を見つけたいところです。

生命保険と他の金融商品の関係
生命保険に加入する人には二種類います。一つは万が一の時の備えとして加入する人です。これが本来の生命保険の目的です。自分が病気や事故で動けなくなったり命を落としたりしたときに家族に保険金が下りるようにしたいという方の願いをかなえてくれるものとなるでしょう。一方で生命保険を将来の資産の形成や貯蓄、節税に使うという人もいます。これは特に終身保険に言えるものです。終身保険とは一生涯保障してもらえる保険のことです。ずっと保険料を支払う必要がある代わりに、解約したときに解約払戻金が返ってきます。つまり定期保険のように掛け捨てではなく、将来的に戻ってくるお金をいわば積み立てていると考えることができるわけです。しかも今まで支払った保険料がそのまま返ってくるのではなく、一定期間保険料を支払い続けるとそれ以上の金額が払戻金として支払われます。しかも生命保険の保険料は課税対象でないため節税にもなります。特に自営業の方の場合、確定申告の時にこの節税が大きな意味を持ってくるので重要です。しかし有料の生命保険見直し相談を利用すると、この方法が適切なのか、それとも他の金融商品で代替できないかといったアドバイスも得ることが可能です。例えば定期預金や投資信託などで代替はできないでしょうか。さらにより節税する方法は法律的にないでしょうか。ファイナンシャルプランナーの中にはそうした法律的な知識を豊富に持っている人もいるので、有料の生命保険見直し相談は非常に役立つ方法となりえるのです。これまでずっと保険に加入してきたという方も、これから新規加入をするという方も、ぜひ一度有料の生命保険見直し相談を利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL