• 後田亨氏に有料で生命保険の見直し相談がおススメな理由

後田亨氏に有料で生命保険の見直し相談がおススメな理由

未分類

■FP有料相談で有名な後田亨氏とは

オフィスバトン「保険相談室」の代表者です。無料の生命保険の見直しを相談が当たり前になっている中で、有料相談の優位性を発信しています。1959年生まれで、長崎大学経済学部を卒業、1995年に日本生命保険相互会社に転職し、2005年に複数の保険会社の代理業務を行う保険ショップに勤務、保険ショップ在籍中に講談社から出版した『生命保険の「罠」』がベストセラーになりました。2014年に独立して、売手の都合から完全に離れた情報発信に努めています。著書に「生命保険のウラ側」「保険会社が言わないホントの保険の話」「生命保険は入るほど損?!」などがあります。

■後田亨氏に有料で生命保険の見直し相談するメリット

生命保険の見直し相談は今や無料が当たり前、数社の相乗り保険代理店が中立的な立場から顧客にぴったりの保険商品をコーディネートするという触れ込みですが、本当に中立なアドバイスなのでしょうか。FP(ファイナンシャルプランナー)が無料で相談に乗れるのは、顧客が新しく保険契約をしてくれるからです。もし、契約変更しない人ばかりだとしたら、そのFPには収入がありません。生活のためには、押し売りと感じられない巧みな方法で、保険の契約を取ろうとするはずです。しかし、生命保険の場合、保険を掛け替えない方が満期になった時の受取額が高いこともあるのです。もし、相談料として合理的な金額を受け取っているのであれば、FPは生活のために小細工をする必要はありませんから、FPと顧客ウィンウィンの関係ではなく、顧客の利益を100%優先しての結論を出すことが可能です。ただし、後田亨氏はCFP®認定もAFPの認定も受けていません。日本生命とのちの相乗り保険ショップにてたたき上げられた保険専門の営業マンです。後田亨氏のオフィスバトン「保険相談室」に相談する場合の相談料は1時間10,800円です。自宅や勤務先で相談を受ける場合は、交通費も負担しなければなりません。一見、高く感じるかもしれませんが、後田亨氏は保険契約にはノータッチで、保険契約の手数料を保険会社からは受取りませんし、相談を受けた後に顧客にとって最適な保険を調査したり見積を考えるのに最低でも2~3時間は必要だと考えると合理的な金額だといえるかもしれません。メールまたは電話で申し込みます。顧客は自分が加入している保険や加入したいと思っている保険の資料を後田亨氏のオフィスに送付します。面談はオフィスのある横浜や東京都内主要駅近辺、もしくはスカイプで行われます。

2017年現在

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL