• 保険見直し相談を企業系FPに相談するメリットとデメリット

保険見直し相談を企業系FPに相談するメリットとデメリット

未分類

企業系ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーには独立系FPと企業系FPと呼ばれる人がいます。独立系FPというのは個人でファイナンシャルプランナーの事務所や保険代理店などを営んでいる人のことを指します。それに対して企業系FPというのは、銀行や証券会社、保険代理店に所属しマネープランの相談や提案を行う人のことを指します。前者はいわゆる個人事業主になり、後者は企業に勤務するサラリーマンです。独立系FPと企業系FPを比較して独立系FPを勧める人もいますが、ファイナンシャルプランナーの業務内容を調査してみると、企業系のファイナンシャルプランナーに依頼する場合もそれなりのメリットがあることがわかります。

企業系FPに相談するメリットとデメリット

企業系のFPにマネープランや生命保険の見直し相談を依頼する場合のメリットは、相談先の銀行や保険代理店が取り扱う保険商品についての知識が豊富なだけでなく、より有利な仕方で契約する方法を提案してもらえることです。生命保険会社が販売する保険商品は一つだけではありません。各社ともバラエティに富んだ保険商品を販売しています。しかも企業系FPは普段の業務で保険に関するありとあらゆる情報を収集しています。特に自社が取り扱う商品についてはなおのこと精通しているのです。契約方法を調整したり、特約を付加したり外したりして、保険料を安くしたり、同じ保険料でも保障をより手厚くすることもできます。簡単に言えば自社が取り扱う商品の中からより相談者の要望に合った保険商品を提案できるので、相談者に有利になるといえるのです。仮に銀行のローンを組もうと考えている場合などは企業系のFPに相談することで、保険とセットで適切なライフプランを組み立ててもらえるだけでなく、有利な審査条件を提示してもらえる可能性もあります。デメリットもあります。それは自社が取り扱っていない生命保険商品については、提案ができないことです。ある程度の知識は持っているとしても、結果的に自社が販売する商品の提案になってしまいます。生命保険についての知識が豊富な人が相談する場合には、物足りないと感じるかもしれませんし、より幅広い観点から見直しを希望する人にとっては満足できない内容になってしまいます。このことから分かるのは、企業が販売している商品を契約するつもりなら企業系FPに相談し、そうでない場合には独立系FPを選択するとよいということです。

関連記事
コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL