生命保険の見直し前に公的制度で不十分なのかどうか確認してみましょう

生命保険に加入する際は公的制度で不十分なのかどうか確認してから

 

民間の生命保険は、公的な制度で足りない部分を補うという趣旨で考えるべきものです。

 

そもそも公的な制度で対応できる場合も多いので、民間の生命保険に加入をした方が良いかどうかは、個人やその家族の状況によって異なります。

 

したがって、まずは加入をする意味があるのかどうか、加入をするのであればその生命保険が妥当かどうか、こうした視点を持つことが非常に重要になってきます。

 

この記事の続きを読む