この記事は約 2 分で読めます

生命保険の見直し時には保障が必要な期間を考えて保険期間を決めること

生命保険には一生保険が続くものと、一定期間保障されるものがあります

 

生命保険における保険期間とは、保険契約が有効になっていて、保険会社が保険金を支払う責任がある期間です。

 

一生保険期間が続く終身タイプのものや、一定期間保障が発生する定期保険などがあります。

 

もし、保険期間が80歳満了となっていた場合は、それ以降の保障は無くなります。

 

死亡保険に加入しているから大丈夫と安心していても、この場合、実際に80歳以降にお亡くなりになったら、死亡保険金は支払われませんので注意が必要です。

 

この記事の続きを読む