この記事は約 2 分で読めます

生命保険見直しのチェックポイントとして公的制度を理解しよう

民間の生命保険は節目で見直しをすることが重要です

 

毎月の保険料負担が重くなりがちな民間の生命保険ですが、家族構成が変わるに従い見直しを行うなどの対応が重要です。

 

なぜなら、民間の生命保険は公的保険の補完的なものとして位置付けられるものであり、あえて民間の保険に加入をすべきかどうかは各家庭ごとで異なるからです。

 

 

公的な制度を調べてみると、意外と民間の生命保険は不要かも知れません

 

公的保険でまずは対応を行うようにすることで、公的保険では対応が仕切れない部分と対応出来る部分を判別します。

 

ここで公的保険で対応が出来るのであれば、あえて民間の保険に加入をしなければならない理由は無くなります。

 

保険料の負担は相応に重いものですから、むしろその保険料部分を貯蓄に回した方が得策となってきます。

 

 

税負担の面でも、公的保険である医療保険や年金は、全てが所得税及び住民税の控除に該当します。

 

その分だけ税金を少なく出来るわけです。

 

一方、民間の生命保険は多少は減税効果がありますが、全てを控除額にすることは通常の場合において出来ません。

 

すなわち、払っても全てが控除となる公的保険よりは、税負担が全く異なるものです。

 

 

生命保険の見直しは特約の部分を気にしてみると負担を軽く出来るかも知れません

 

保険料が多額すぎる場合には、まずは見直しのチェックポイントして特約の部分を考えるのも有効です。

 

特に最初の契約時などにおいて、勧められるがままに加入をしてしまったものは解約をしてしまえばその負担はなくなります。

 

一つ一つは少額であっても、複数になれば決して無視出来ない金額まで跳ね上がることも珍しくはありません。

 

民間保険も加入をしておきたい場合には、まずはこの特約の部分の見直しを進めることで、負担の重さが変わってきます。

 

 

公的制度を理解することは、保険料の負担につながります

 

公的制度への理解を深めることも重要です。

 

医療に関しては、高額な医療になりやすい入院時の対応など、高額療養費制度を上手く使えば自己負担額をかなり抑えられます。

 

したがって、まずは公的保険の制度をよく知ることが重要です。

 

 

なお、高額療養費制度で国民健康保険の場合は、健康保険料の支払いが必須になっています。

 

滞納をしないように注意をしなければいけません。

 

 

医療以外でも介護保険制度も同様の制度が存在します。

 

ただし、在宅の場合で余程利用をしない限りは、そこまで負担が重くなることは通常ありません。

 

利用者の自己負担が原則として1割か2割であるため、負担がそれほど重く感じられないこともあります。

 

このように民間の生命保険への加入自体を見直したり、あるいは不要な部分を解約し見直しをすることで、毎月の支出、金銭面での負担は大きく軽減が可能になってくるものです。