この記事は約 3 分で読めます

生命保険見直しでは医療保険の見直しもセットで考えよう!

生命保険の見直しと医療保険の見直しはセットで考えましょう

 

正確には生命保険とは少し違いますが、生命保険の見直しの中で必ずセットになって考えなければいけない保険に医療保険があります。

 

医療保険は、貯蓄などの蓄えがあれば不要になるケースもあると思いますが、あなたの場合はどうでしょうか?

 

 

医療保険は公的な制度と自身の貯蓄等を考えて加入を決定しましょう

 

医療保険については、健康であれば全く必要がないものです。

 

また、公的医療保険に必ず加入をしているので、そちらで対応が出来ると思えばこの場合も全く必要がなくなります。

 

すでに民間の医療保険に加入をしている場合は、生命保険の見直しと一緒に見直すのがいいでしょう。

 

見直しには公的医療保険の制度をよく知らなければいけません。

 

 

特に入院等で高額の医療費が必要になる場合の想定と対応は必須です。

 

入院時等における高額な医療費の発生する可能性がある場合には、事前に加入する公的医療保険に対して高額療養費の申請を行うのがよいです。

 

国民健康保険の場合は加入している市町村に対して、また、会社員や公務員等の場合は社会保険での加入先からの限度額認定証の交付を受けておくのがよいでしょう。

 

事前に申請をしておけば、それ以降の入院等高額な医療費でも対応が可能です。

 

 

公的なもので対応が出来る場合にはそちらで全て賄えます。

 

先進医療の場合には全額が自己負担になるケースがあり得ますが、特殊なケースでありそこまで求めなくても問題がない場合もあるでしょう。

 

すなわち、民間の保険が必要ないと判断出来れば加入を辞める選択肢はあり得ます。

 

また、万が一入院治療が必要になったとしても、高額療養費以外で貯蓄がしっかりと出来ていれば、その貯蓄での対応も出来るものです。

 

 

毎月の保険料を貯蓄すると思えば、あえて民間の保険への加入の必要性も薄らぎます。

 

元々、生命保険は公的保険の補填としての位置付けになるものです。

 

公的保険で対応が出来ない場合を想定して加入をするものですから、必要が無ければ加入をしないでも問題は全くありません。

 

 

生命保険の見直しでは不要な保険を割り切って加入しないことも大切

 

このように生命保険の見直しとセットで考える医療保険は、割り切れるかどうかが重要なポイントです。

 

ただし、入院時の備品や食事代などは自費ですから、こうしたところに対応をするものであれば加入しておく意味はあるでしょう。

 

 

公的なものと民間のものとをよく考えてみて、加入する意味があるかどうかをよく考える必要があります。

 

公的なものは国民皆保険制度といって確実に加入をしなければなりません。

 

そのため、嫌でも加入をしますが、民間のものは任意です。

 

加入するのもしないのも自由ですから、その保険の内容をよく考えて確認をするなどし、必要なものだけに加入をするように心がければ十分でしょう。

 

 

なお、見直しについて不安がある場合は、専門家の助言を聞くことも可能です。

 

ファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれるところもありますので、見直しに迷ったら聴いてみると生命保険の見直しを前に進めることが出来ると思いますよ。