この記事は約 3 分で読めます

生命保険を見直しした方がいいおすすめのタイミング

生命保険は見直ししなくてもいいんですか?

 

保険、特に生命保険は一生のものと考えている方が多いようです。

 

入っておけば安心、と思い一度加入してから単に保険料を支払い続けるのみで見直しを掛けたことはないというのはよく聞く話で、実際にそうしている方もかなりいるのではないでしょうか?

 

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

 

生命保険を見直しするおすすめのタイミングをご紹介

 

実は、生命保険の見直しをおすすめしたい人というのは確実にいるのです。

 

人生は長く、自分や周囲の環境は時間と共に様々に変化していきます。

 

それに合わせて掛けるべき保険料や契約の内容、特約の種類など変えた方が良いこともあるのです。

 

 

では、どんな方が保険の見直しをした方が良いと言えるのでしょうか?

 

いくつかそういったタイミングをご紹介します。

 

就職した際に生命保険を見直す

 

まず一つ目は、就職したばかりの人です。

 

学生時代というのは親が掛けるものを除いて保険には入っていないことが多いのですが、就職することで経済的に自立することになるので、このタイミングで保険に入るのは良いことだと言えます。

 

 

ただし、就職したばかりの頃はまだ給料も安いので、負担にならない程度の保険に入っておいたらいいのではないでしょうか?

 

独身ならば保険は必要ないのではと思う方も多いのですが、生命保険は入るタイミングが早いほど保険料が安くなります。

 

そういう点でも早めに入っておくことで将来の不安を無くしておくのは一つの方法です。

 

結婚したときに生命保険を見直す

 

二つ目は、結婚したときです。

 

独身時代と違ってともに生活を歩むパートナーができることになるので、そのパートナーのためにも保障と掛金をチェックしておいた方が良いでしょう。

 

万が一のトラブルが起きても良いように、しかし毎月の生計に余裕が持てる保険料にするというのはとても大事です。

 

 

ただし、夫婦共に働き続けるのであれば生命保険は不要かも知れません。

 

きつい言い方かもしれませんが、どちらかが亡くなったとしても独身時代の状態に戻るだけですから。

 

そういう点も考えて見直しをするといいでしょう。

 

出産したときに生命保険を見直す

 

三つ目は、出産の時です。子育てにはかなりお金が掛かりますし、万が一の際の補償もより大きくしておかないといけません。

 

一度ライフプランを考え直して生命保険を見直した方が良いと言えるでしょう。

 

 

ただし、もしかすると出産したタイミングでは遅いかも知れません。

 

妊娠した時点で、遅くとも安定期に入った時点で子育てをする確率が高くなります。

 

そういう意味では、出産したタイミングではなく、妊娠したタイミングで生命保険の見直しを考えてみた方がいいかもしれません。

 

子供が自立したときに生命保険を見直す

 

そして最後は子供が自立した際。

 

出産時に検討しなおした保険内容がそのまま必要になるとは限りません。

 

このタイミングでもう一度保険を検討しなおせば、より老後の生活を豊かにできるかもしれません。

 

正確な生命保険の見直しにはファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することがおすすめ

 

これ以外にも、生命保険の更新などがある場合はそのタイミングをきっかけに他の保険を検討するのも良いと言えます。

 

ただ、ライフプランの見直し、シミュレーションには手間と知識が必要です。

 

おすすめなのはファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することです。

 

ファイナンシャルプランナーに任せれば手間も省け、また後悔しない生命保険を選ぶことができると言えるでしょう。