この記事は約 3 分で読めます

生命保険と同じように学資保険も見直しして損をしないように!

子供の教育資金は学資保険を上手く使うと効率よく貯めることができます

 

結婚をして間もなく子供が産まれると大きな喜びも束の間、将来のために子供の教育資金を貯めることを真剣に考えなければなりません。

 

教育資金を貯める方法としてまず思いつくのは学資保険でしょうか?

 

学資保険を上手く使うと、効率よく教育資金を貯めることが出来ます。

 

 

教育資金がすでに準備できる状態であれば学資保険は不要の場合も

 

近年は男女を問わず高校卒業後に大学まで進学する学生が増加傾向にあり、一人の子供にかかる教育費は約一千万を超えるとも言われています。

 

コツコツと毎月教育費を貯蓄していく方法もありますが、子供が産まれてすぐに学資保険に加入すれば確実に積立ができる他、いざと言う時に役立つ保障も付帯するというメリットがあります。

 

概ね高校卒業時の18歳を目安に満期が設定されている商品が多いので、最もお金が必要となる大学入学に満期が間に合うと言う仕組みになっています。

 

 

もし子供が産まれた時点ですでに十分な蓄えがある場合には学資保険への加入はあまり必要がないかもしれません。

 

しかし自分で貯金が出来るかどうか不安な人や、貯蓄もしつつ保障も欲しいと言う人にはとてもおすすめです。

 

 

返戻率90%台の学資保険なんかには入らないように気をつけましょう

 

近年、学資保険は、様々な生命保険会社で販売されているためどの商品を選べば良いのか悩む事も少なくありません。

 

 

そこで最も注目したい点は、返戻率です。

 

これは、支払った保険料に対し、最終的にどれ位の金額を受け取ることが出来るのかと言うことです。

 

最近は酷い学資保険もあって、満期に受け取れる金額が90%台のものがあります。

 

おかしいですよね?教育資金を準備するはずが掛け金よりも返戻金が減ってしまうのです。

 

こんな詐欺のような学資保険には入らずに、きちんと返戻金を確認して、掛け金よりも増やしてくれる学資保険を選びましょう。

 

 

さらに保障内容や月々の保険料の額なども同時に検討し、無理な負担とならないように家計に見合った保険に加入することをおすすめします。

 

また、加入には子供の年齢制限があり一般的には出生前から加入が可能ですが、上限は6歳までまたは12歳までなどと決められている商品も多いため注意が必要です。

 

 

月々の負担を減らしたり損をしないためにも学資保険の見直しは必要

 

学資保険に一度加入すると、満期日に達しない状態で解約すると返戻金が元本割れします。損をしてしまうのですね。

 

また加入後は安心感や日々の生活の忙しさなどもあり、なかなか見直しをすると言うことがありません。

 

 

しかし学資保険も一般的な生命保険と同様に、時々は見直すべきであると言えます。

 

特に保険料が値上がりしたり、特約を付け過ぎている場合には損をしている可能性もあるので見直しをする必要があります。

 

見直しの時期は早ければ早いほど良いとされていますが、例えば家計に変化があった時や第二子が産まれた時などが良い機会かもしれません。

 

そして現在加入している保険を解約して新しい保険に加入した方が得であると判断した場合には、変更を考えなければなりません。

 

 

もし自分で選び直すことに自信が持てない場合には、無料で相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーを上手に利用することをおすすめします。

 

お子さんがいるファイナンシャルプランナーであれば、親身になって相談に乗ってくれると思いますよ。