この記事は約 2 分で読めます

生命保険料が払えなくなった場合は払済に見直しするという手もあります

保険料が払えなくなったからといって、解約するのは注意して下さい

 

生命保険に加入しているけれど、どうしても保険料を負担することができなくなったときは、解約を検討するという方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、保険を解約してしまうと解約の手続きを行った時点で保障はなくなってしまいます。

 

その後に万一のことがあったときは、何の保障もなくなってしまうので注意が必要です。

 

 

生命保険を解約しなくても払済という状態にすることで解決できるかもしれません

 

保険料の支払いが苦しいので保険の見直しをしたいというときは、払済保険への変更を検討してみてはいかがでしょうか。

 

払済保険は、保障額を下げて保険料の支払いをなくしてしまうというシステムです。

 

この保険は、変更をするときの時点での解約金を保険料にあてて保障を持つことができるので、保険料の支払いがなくある程度の保障を持ち続けることができるというメリットがあります。

 

掛け捨てにならず解約金が貯まっていく終身保険や貯蓄型の養老保険、年金保険は、この保険に見直しをすると受取ることができる保障が大きくなる場合があります。

 

 

注意しなければいけない点は、見直しを行うと死亡保障は保障額を減額して持ち続けることができますが、入院特約やガンの特約など各種特約は変更した時点で全てなくなってしまうという点です。

 

入院したときのために特約を残しておきたいという方は、別の方法を検討するか、新たに医療保険に加入する必要があります。

 

 

また、一度手続きを行うと元の状態に戻すことはできません。

 

変更をしたらどのような状態になるのかということや、メリットやデメリットをしっかり説明してもらい、十分に理解をしてから払済保険への変更の手続きを行いましょう。

 

 

払済保険は、保険料の支払いが苦しくなったときだけの見直しの方法ではありません。

 

保険の必要がなくなったときも解約してしまうのではなく、払済にしておくと万一のときは死亡保障を受取ることができ、そのままの状態にしておき資金が必要になったときに解約をすると、解約金は一定の予定利率で運用されています。

 

そのため、解約金は変更した時点よりも増えているので、資金が必要になったときは便利に利用することができます。

 

 

生命保険を払済にする際は無保険期間が発生しないように気をつけましょう

 

変更の手続きは保険会社によって異なりますが、保険証券と印鑑を準備し、書類にサインをするだけという簡単な手続きで手続きが完了する場合がほとんどです。

 

新しい保険を検討して今ある保険を払済保険に変更をするときは、健康状態によっては新しい保険に加入することができない場合があるので、必ず新しい保険契約が成立してから変更の手続きを行いましょう。

 

万が一のことを考えると、無保険期間を作ってはいけません。