この記事は約 2 分で読めます

生命保険の見直しは公的制度を確認してから考えてみましょう

生命保険は意外と公的保険でまかなえる部分があります

 

民間の生命保険は、公的保険の足りない部分を補填するという考え方の元で見直しや選び方を考える必要があります。

 

特に目的もなく民間のものへと加入をするのは、毎月の保険料負担を考えると相応に重いものです。

 

したがって、まずは公的保険や年金制度をしっかりと把握することが重要です。

 

国の健康保険である程度まかなえることは知っておきましょう

 

公的保険の中で医療に関しては、国民皆保険制度という国民みんなが健康保険に加入するようになっていますので、強制的に入らなければならないものです。

 

このとき、国民側がいずれの保険制度に加入をしなければいけないのかは、職業などでほぼ決まります。したがって、加入をしないことはあり得ません。

 

医療保険で注意をすべきなのは、公的医療でもある程度はカバーがなされる点です。

 

それ以上に民間のものへと加入をすべきかどうかが問われます。

 

 

また、公的医療保険で多額の医療費が必要になりそうな入院などの場合には、事前に申請をしておくことで医療費が安く抑えられる高額療養費制度が存在します。

 

この制度の活用でカバー出来ると思えるのであれば、あえて民間の生命保険に加入をする必要性がなくなってきます。

 

介護保険も自治体の制度でまかなえる部分があります

 

医療以外でも最近では介護保険についても販売を始める業者が現れました。

 

介護保険では、利用車の自己負担が要介護度に応じて決まっています。

 

また、自治体からの介護保険料の負担を求められますので、こちらも公的な制度下にあっては強制加入です。

 

自己負担額の補填としての民間の生命保険ですが、あえて加入をしなければいけないかどうかは判断が各自変わってくるでしょう。

 

年金保険への加入も、公的年金でどれ位まかなえるかを考えてから

 

年金制度についても同様に生命保険で販売がなされています。

 

この民間の年金もまずは公的年金のことを考えなければいけません。

 

国民皆年金制度とも言われますが、20歳以上の人は必ず加入をしなければならないものです。

 

したがって、公的年金だけでは老後が厳しいと思えるときに考慮していく必要が生じます。

 

ただし、公的年金では、老齢年金以外にも障害年金、遺族年金などのように幅広くカバーが出来るものです。

 

さらには、年金以外の医療や介護などもそうですが、所得税や住民税からの控除も受けられ、税金の減税に繋がる優れた制度です。

 

まずは公的保険、年金をしっかりと知ってその上で対応に当たることが重要になってきます。

 

 

 

民間の生命保険は、ここまで手厚いかどうか、しっかりと見極めなければいけません。

 

その上でまだ余裕がありかつ不十分だと思える場合に加入の是非及びどの保険会社のものを選ぶのか検討すればよいです。