この記事は約 4 分で読めます

生命保険の見直しはライフイベントごとに実施するとよいです

新社会人時代に加入した生命保険はライフイベントに合わせて見直しましょう

 

生命保険は、若いころに加入すると比較的安い保険料で継続できることから、一度契約するとかなりの年齢までそのまま放置しておくケースが多いのではないでしょうか?

 

たとえば、新社会人時代に生命保険会社のおばちゃんに言われるがままに加入した生命保険に深く考えず契約し続けている、そんな方も多いのでは?

 

しかし、生命保険の果たす役割ということを考えれば、放置しっぱなしでは無駄な保険料を払っている可能性があるため、ライフイベントに合わせて見直しするのが賢明です。

 

 

新社会人になったり結婚したりしても必ずしも生命保険は必要ではありません

 

まず最初に生命保険に加入するときは、親から独立して社会人になったときが圧倒的に多いはずで、次いで結婚をしたときでしょうか。

 

実際は、新社会人になっただけでは生命保険は不要なはずなのです。

 

なぜなら、亡くなったからといって、誰か経済的に困るわけではないので。(ご両親は悲しむと思いますが、経済的に状況が悪くなるということは無いでしょう。)

 

しかし、実際は新社会人時代に生命保険に加入している方が多いというのが現状でしょう。

 

私もそうでした(笑)

 

 

また、結婚したといっても、共働き状態であれば生命保険は不要なはずです。

 

なぜなら、どちらかが亡くなったとしても経済的には独身時代に戻るだけなので。

 

ちょっときつい言い方かもしれませんが、これが実際でしょう。

 

どちらかが仕事を辞めて専業主婦(主夫)になった場合にのみ、生命保険の必要性は発生するはずです。

 

 

子供が生まれた際は、確実に生命保険が必要になります

 

もう一つは、二人の間に子供が誕生するというのも大きなきっかけです。

 

子供が生まれたということは、子供を養う責任が生まれたということです。

 

つまり、当の本人の収入が途絶えたり、激減すると、子供や家族のみんなに甚大な影響が出るということになります。

 

 

わかりやすい例でいうと、お父さんが働き手で、お母さんが専業主婦、子供さんがまだ未成年という構成で、お父さんに不幸が起きれば、奥さんと子供さんは路頭に迷うということになります。

 

現代では様々な扶助制度もありますが、それだけでは十分とは言えない可能性もありますので、その分を生命保険でカバーしようということになります。

 

家族構成にもよりますが、かける金額は数千万とか、場合によってはそれ以上というようなことにもなります。

 

つまり、子供が生まれた際には、今後必要になる保障額、保障期間を考えて、生命保険の見直しをすることが必要になります。

 

 

もう一つのライフイベントとして、お父さんが会社を退職したとき

 

さて、もう一つのライフイベントとして考えられるのが、お父さんが会社での定年を迎える、雇用延長、再雇用の状態になり、それをも卒業して年金生活に入るとという時期です。

 

ご夫婦お二人が還暦から天寿を全うするまでに必要な家計費を計算すると、およそですが1億円を超えるお金が必要と言われています。

 

いろいろやりくりする必要も出てきますが、その一つとして生命保険の見直しもあります。

 

 

お子さんが育ち、社会人となり、親の負担がなくなれば、万が一に備えて、大きな保険金額を掛ける必要はなくなります。

 

年金などの収入と蓄財の関係を確認しながら、保険金額を見直し、支出をセーブすることも大事なことになります。

 

浮いたお金を、不足分の補てんに使うのもよしですし、余裕があれば旅行や趣味に使って、人生を謳歌するのもよしです。

 

場合によっては、先端医療に対する備えということで、そちらの医療保険にお金を融通することも考えられるでしょう。

 

ライフイベントに合わせて保険の見直しすることはとても大切ですし、子供が自立し、自身の収入の状況が変わってしまう定年後には、生命保険の見直しは必須のことと言えるでしょう。

 

 

とは言っても、自分で生命保険の見直しができなければプロにお願いしてみましょう

 

人生のライフイベントで、生命保険の見直しが必要だということはわかりました。

 

しかし、生命保険の素人に正しい見直しができるでしょうか?

 

保険会社に資料請求してみたり、インターネットで生命保険のことを調べたりしても、その生命保険の数の多さに圧倒されて、正しい見直しはできないでしょう。

 

また、これからの人生で、どれくらいの期間保証が必要で、どれだけの保障額があれば良いのか、この点に関しても、ハッキリ言ってわかりません。

 

 

こうなってしまっては、正しい見直しなどできませんから、生命保険のプロに見直しをお願いしてしまった方がいいと思います。

 

最近は、無料で生命保険の相談に乗ってくれる相談所がいろいろとあります。

 

相談所にはプロのファイナンシャルプランナーの方がいらっしゃるので、いろいろな保険の中からライフプランに合った生命保険を選んでくれます。

 

 

最初は、ファイナンシャルプランナーの方に依頼するのは抵抗があるかもしれませんが、一度お願いすると、見直しをお願いして良かったなと思うはずです。

 

自分で時間をかけて見直しをしようとするよりも、すぐにプロにお願いして、正しい保険の状態にしてしまった方がいいと思います。

 

その方が、いち早く保険料も節約できて、日々の生活の質も上がると思いますよ。