この記事は約 3 分で読めます

生命保険の見直しはポイントを抑えて考えましょう

生命保険を見直す際にはポイントを抑えることが大切です

 

家庭を持つと、万が一自分の身に何かが起きた場合、残された家族が少しでも困らないように何かを残してあげたいと思うものです。

 

そこで考えるのが生命保険ではないでしょうか。

 

 

独身の頃は加入しようなんて一切思わなかった生命保険が、家庭を持った瞬間に早く加入しなければと焦りに変わります。

 

その生命保険の見直しのポイントを5つご紹介します。

 

 

生命保険を見直す際には5つにポイントに注意して見直しましょう

 

 

1つ目は生命保険の種類を見直す事

 

家庭を持ったと言っても、夫婦だけでずっと過ごしていくのか、子どもを授かるのかによって家族の形は変わっていきます。

 

変わるタイミング毎に自分にとって必要な生命保険は何かをもう一度考える必要があります。

 

子どもが生まれると最近では学資保険に加入する人が多いです。

 

教育資金にするのか、老後の資金を貯めるのか、しっかり考えて加入する保険を決めましょう。

 

 

2つ目は受取人を見直す事

 

受取人は配偶者にしておくことで、非常に大きな税制上のメリットを受ける事ができます。

 

独身の時に加入していて、受取人が両親になっている場合はすぐに配偶者に変更するべきです。

 

配偶者の場合には相続税がある一定額まではかからないですし、何かと便利です。

 

 

3つ目は保証金額を見直す事

 

保証金額は高くすればするほどらその後の安心は得られますが、毎日の生活が苦しくなるほど保証金額を上げてしまうと、結果損をしてしまう事もあります。

 

月々の支払いを引いても毎月の家計が苦しくならないかどうか、その金額で万が一の時の生活を守れるかどうかを考えましょう。

 

 

4つ目は保証期間を見直す事

 

保険は加入年齢が高くなればなるほど、保険料が高くなります。

 

それは病気や怪我のリスクが年齢が上がるほどに高くなるからです。

 

ですので安いからといって、短期間の保証を がついた保険に加入してしまうと、更新の際に生活が苦しくなるような保険に加入しなければならなくなります。

 

保証してほしい期間はいつまでなのかを考え加入しましょう。

 

 

5つ目は保険料を見直す事

 

月々払いや年払いなど様々な支払い方法があります。

 

短期間で払い込んでしまった方が結果の払い込みは安くなりますが、毎月の生活は苦しくなります。

 

子どもが3人いる場合は、大学、高校とお金がかかる時期が一気にきます。

 

その時に手元にお金がないという事になってしまうと途中で保険を解約しなければならなくなったりと、損になってしまいます。

 

 

保険はあなたを苦しめるものではないはずです。毎月の生活が苦しくならないよう保険料は考える必要があります。

 

 

 

重視すべきポイントはおのおの違ってくるはずです

 

以上、5つのポイントをあげてみましたが、それぞれのライフスタイルや家族の状況によって重視すべき点は異なってくるはずです。

 

自分で決められれば良いのですが、どこが重要なのか自分でも分からなくなることは多いです。

 

 

そんなときは、無料の生命保険見直し所でファイナンシャルプランナーの方に相談してみてはどうでしょうか?

 

相談することによって、あなたの生命保険の中で重視すべき点を考えてくれると思いますよ。