この記事は約 5 分で読めます

FPに生命保険の見直しをお願いする際に必要な情報

生命保険の見直しに関して準備しておいた方が良い情報がありますよ

 

生命保険の見直しは、素人の自分で実施するよりも、生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーの方にお願いする方が、時間もかからず確実です。

 

初回の相談の際、ファイナンシャルプランナーの方から生命保険の見直しに必要な情報を教えて下さいとお願いされると思います。

 

曖昧な回答をするよりも、ある程度は調べておいた方が正確な情報を伝えられますし、その情報を使って正確に生命保険の見直しを実施してくれると思います。

 

そんな、ファイナンシャルプランナーの方に生命保険の見直しをお願いする際に準備しておいた方が良いものを挙げておきます。

 

そんなに難しいものではないですから、気軽に準備しておきましょうね。

 

 

生命保険の見直しに必要な情報は簡単なものから少し考えさせられるものまで

 

ファイナンシャルプランナーの方によって、教えて下さいとお願いされる情報は多少違うかも知れませんが、中心になる情報はそれほどは違わないと思います。

 

以下、私がファイナンシャルプランナーの方に見直しをお願いした際に教えて下さいとお願いされた情報を挙げてみます。

 

 

現在加入している生命保険の保険証券

 

現在加入している生命保険の保険証券です。

 

おそらく、これが一番重要な情報でしょう。

 

見直しというぐらいですから、現在の生命保険の状態が分からなければどうにもなりません。

 

 

保険証券、持っていますか?無くしたりしていませんか?

 

もし、見当たらない・・・という状況であれば、保険会社に連絡して保険証券を再発行してもらいましょう。

 

また、再発行に時間がかかるようであれば、年に一回ぐらい保険会社から送られてくる、「あなたの保険の状況はこんな感じです・・・」の資料でも代用はできると思います。

 

 

ただ、正確を喫すのであれば保険証券が必要ですし、見直し後現在の保険を解約することになった場合も保険証券は必要になりますから、ぜひ用意しておきましょう。

 

もちろん、現在生命保険に加入していない方はその旨をファイナンシャルプランナーの方に伝えれば大丈夫です。

 

新規で契約するのに最適な保険を紹介してくれると思います。

 

 

現在の健康状態

 

実は、健康状態もかなり重要な情報です。

 

生命保険の見直しを実施した結果、さぁ新しい保険に入ろう!と思っても、持病があったりすると生命保険に加入できなくなってしまいます。

 

さらに、本当は持病があるのに嘘をついてしまうと、最悪保険料が支払われないなんてことも考えられますので、ここは正直に現在の健康状態をお知らせしましょう。

 

 

夫婦の仕事の経歴・勤務先の情報

 

私の見直しの場合ですが、今までの仕事の経歴と現在の会社の情報は聴かれました。

 

この情報は、将来の年金等の計算にも必要な情報ですのであった方が良さそうです。

 

具体的には、

 

  • 入社して何年目か
  • 初任給はいくらだったか
  • 今の給料はいくらか
  • 今の会社の定年
  • 今の会社の退職金制度

 

このあたりの情報を聞かれた記憶があります。

 

退職金制度というのは、企業型確定拠出年金(401k)に入っているとか、なにか特殊な年金方式をとっているかということでした。

 

 

この中で、初任給という項目があるのですが、初任給って覚えていますか?

 

私は全然覚えていなかったのですが、古い給与明細を引っ張り出してきて、「こんなに少なかったのか!」と愕然とした記憶があります。

 

よく、こんな給料でやっていたなと思いましたよ。

 

 

住居に関する情報

 

住居に関しては、支出の大きな情報になりますので情報が必要だそうです。

 

  • 持ち家か賃貸か
  • 賃貸なら将来の住宅購入の予定
  • 持ち家ならローンの情報(返済額、期間、残債)

 

このあたりは必要になりそうです。

 

私は賃貸で、見直し当時も今も住宅購入の予定はありませんでしたので、賃貸の月々の支払額をお伝えしました。

 

 

貯金と固定支出の情報

 

一番身近な情報なのですが、いざ正確な金額を伝えようとしても分からないということも考えられる情報です。

 

  • 貯金額
  • 毎月の貯金額
  • 毎月の生活費(食費、光熱費、被服費、など)
  • 毎月の固定費(通信費、電話代、など)

 

特に、毎月の生活費などは大体の金額しか分からないかもしれません。

 

家計簿を付けていれば分かると思いますが、もし家計簿を付けていないのであれば、大体の金額をファイナンシャルプランナーの方に伝えてみましょう。

 

 

将来の夢

 

これについては、ファイナンシャルプランナーの方に聴かれるかどうか分かりませんが、私の場合は、この「将来の夢」という事について聴かれました。

 

あぁ、いい質問だなと思いました。本当に親身になって考えてくれているんだなと思いました。

 

どこかに長期間旅行したいとか、早期退職して悠々自適に暮らしたいとか、海外に移り住みたいとか、人それぞれ夢はあると思います。

 

その情報を伝えることによって、ファイナンシャルプランナーの方も、その夢を壊さずに、実現しやすいプランを提示してくれると思いますよ。

 

 

この質問に関しては、質問してこないファイナンシャルプランナーの方もいらっしゃると思います。

 

そんなときは、自分から、夢について語ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

的確な情報を伝えられるように準備しておきましょう

 

ファイナンシャルプランナーの方も、なるべく最適な生命保険のプランを作ろうと努力してくれるはずです。

 

ですが、その為には、こちらも正確な情報を提供しなければなりません。

 

少しの準備で正確な情報を伝えることができるようになります。

 

ファイナンシャルプランナーの方も、上手くその情報を引き出せるような質問をしてくれると思いますが、なるべくこちらからも情報を提供できるように準備しておきましょう。

 

 

ただ、準備しすぎて見直しを実施するのが遅くなってしまうのは本末転倒です。

 

思い立ったらなるべく早く生命保険の見直しをお願いするのがいいと思います。

 

少しでも無駄な保険料を支払う期間が短くなれば、その分だけ生活が楽になって、日々の生活のレベルも上がるのですから。