この記事は約 2 分で読めます

生命保険の見直しの際に特約が必要かどうか考えてみましょう

生命保険の見直しについて回る特約は本当に必要なのかどうか考えてみましょう

 

生命保険をすでに契約している場合またはこれから契約を締結しようと考えている場合には、考慮しないといけない点がいくつか存在します。

 

たとえば、特約の存在です。

 

 

特約を契約する前に公的な保障でまかなえないか考えてみましょう

 

生命保険会社に言われるがままに加入しているようなケースもあるこの特約は、一つ一つの負担は重くはなくても、それが複数になると出費が相応に大きくなったりします。

 

したがって、その必要性を本当に認識した上での加入なのかどうか、今一度確認をした方が良いケースが散見されます。

 

特に毎月の保険料負担が重すぎると考えている場合には、見直しも考えることが大切です。

 

 

そもそも民間の生命保険は、公的保険では対応が出来ない場合に利用するという趣旨で行うべきものです。

 

なぜならば、すでに公的保険で対応が出来る部分はしっかりと対応をそちらで行っているからです。

 

年金も医療も介護も、それぞれがまずは日本国内でしっかりと対応が出来ているため、それでも足りてなさそうだと感じる場合に加入をしておくべきものと言えます。

 

 

よくあるものとして医療保険があります。

 

医療保険での特約では、特定の疾病などになったときに支払われるものが多数あり、そこまで必要なのかどうか契約者本人も分からないままに加入をしているケースが多いです。

 

そもそも公的医療保険である医療制度においては、高額療養費制度なども使えば、毎月の出費を抑えられるものです。

 

 

また、現在において国に認められている医療だけではありますが、診療報酬によって医療費の概要は分かりますしその医療費の3割以下の負担で済むようになっています。

 

入院等をすれば相応に医療費が必要ですがこの場合でも限度額認定証を使用すれば、収入に応じての医療費で済みます。

 

無理に民間の保険に加入をしていなければ対応が出来ないというものでもありません。

 

むしろ、毎月の民間への保険料を貯蓄に回すなどしておくことで、万が一に備えたりしておくことの方が重要です。

 

 

特約を考える前にまずは公的な保障でまかなえる分を見極めましょう

 

このように公的保険と民間の保険とをよく考えておき、実際に必要なのかどうかも含めて慎重に考えることが求められています。

 

公的保険すなわち社会保障はその財源がよく言われていますが、日本国が破綻しなければこうした制度がすぐに無くなるわけでもありません。

 

まずは公的保険をよく学んでおいて、その上で足りない部分をフォローするのに民間の保険を活用するという姿勢で十分であると言えるでしょう。

 

 

なお、見直しについては金融商品の知識を有するファイナンシャルプランナーなどに相談をするのも一つの有効な手段です。

 

今契約している特約が、本当に必要なのかどうか見極めてもらい見直しを考えてみましょう。