この記事は約 2 分で読めます

生命保険の見直しと住宅ローンの関係

住宅購入時は生命保険を見直す必須のタイミングです

 

多くの人は生命保険に加入していると思いますが、住宅ローンを組んでマイホームを購入したタイミングで保険の内容を見直すことが勧められます。

 

 

団体信用生命保険がどこまで保障できるのかをよく考えて生命保険を見直しましょう

 

生命保険を見直しした方が良い理由はというと、住宅ローンにはほとんどの場合は「団信」と呼ばれる団体信用生命保険がついています。

 

団信とは、ローン契約者(被保険者)が死亡または高度障害状態になった場合、残りの住宅ローンを返済するための保険で、平たく言えば契約者が死亡または高度障害状態になった場合は残りの住宅ローンを支払わなくても良いということになります。

 

 

生命保険には大きく分けると死亡保障と医療保障があります。

 

そして団信に入ることによって見直しがお勧めされるのは死亡保障の部分です。

 

多くの場合は、死亡保障の金額を決める際、今後かかる生活費を考慮しての金額の保険に入りますが、団信によりもしもの場合があっても住宅にかかる家計への負担は保障されます。

 

そのため、住宅にかかる費用については排除した金額が保障される内容に変更しても問題はないということになるため、保険金はこれまでよりも軽減できることになります。
ただし、注意しなければいけないのは、一般の団信は死亡または高度障害状態になった場合のみ適用されます。

 

その他、がんなどの重大疾病により就業不能になってもそれは適用されません。

 

つまり、就業できない状態になっても高度障害状態でない限りはローン支払いはしなければならないため、医療保障や就業保障の部分を大きく見直して削ることはリスクになります。
また、今は団信だけではなく、がん、急性心筋梗塞、脳卒中などの8大疾病にかかったり、就業不能状態になったらローン残金を保障してくれる保険がついているローンも増えています。

 

そういったオプションをつけている人は、医療保険の部分で重複している項目の保険金を下げることができます。

 

 

住宅購入時の生命保険については団体信用生命保険も考慮して保険金額を見直しましょう

 

このように、住宅ローンを組んだ段階でほとんどの場合は団体信用生命保険に入ることにより、万が一の際の住宅費用については保障されることになります。

 

若いうちはあまり細かく考えずに生命保険の金額を決めている人も多いですが、現実に今後どの項目でお金がどのぐらい必要になるかという点、また、万が一の際の遺族年金はどのぐらい支払われるのかという点も踏まえて、この機会に保険金額をもう一度見直しすることが大切です。

 

そうすることで過渡な保険料を支払うことなく、適正な保険を設定することができます。