この記事は約 3 分で読めます

生命保険の見直しの際は、解約払戻金をあてにするかどうかを考える

生命保険で解約払戻金をあてにするかどうか

 

生命保険の見直しを考えた際、解約払戻金について考えたことはありますか?

 

解約払戻金、つまり、生命保険を解約した際に戻ってくるお金のことです。

 

解約返戻金ともいいますね。

 

生命保険を見直しする際は、この解約払戻金を当てにするかどうかで見直す保険の種類が変わってきます。

 

 

解約払戻金の有り無しは、契約する保険の種類によって変わってきます

 

解約払戻金の有り・無しは、加入する生命保険の種類が大きく関係してきます。

 

結論から言うと、終身保険には解約払戻金がありますが、定期保険には解約払戻金がありません。

 

ですので、解約払戻金を当てにするということは、終身保険に加入するということになります。

 

 

そもそも、保険の種類として、なぜ終身保険と定期保険に分かれているのでしょうか?

 

 

終身保険は、その名の通り保障が一生涯続く保険です。

 

何歳で亡くなろうと、契約した金額が保険金として支払われます。

 

使いどころとしては、夫婦どちらかが亡くなったときに相方に必要な生活費・葬式代などを準備する場合などでしょうか。

 

 

その他の特徴としては、保険の契約期間中に終身保険を解約すると解約払戻金としてお金が戻ってくることです。

 

このお金は、あなたが終身保険の保険料として払っていたお金を保険会社が運用して、最終的な支払いのために準備していたお金です。

 

いわゆる、掛け捨てじゃない保険は終身保険ということです。

 

 

それとは逆に定期保険は、保障が一定期間続く保険です。

 

契約したときから10年間保障する、という保険は定期保険です。

 

使いどころとしては、子供が生まれてから自立するまでの保障を考えるときが一番多いでしょうか。

 

子供が自立するまでに親が亡くなった場合は、残された家族が生活していけるだけの保障を考えなければいけません。

 

しかし、子供が自立した後は子供も自分で生活していくでしょうから親が亡くなったとしても保障は不要ということになります。

 

つまり、保障を考えなければいけない期間は一定期間なので、その一定期間を保障する保険が定期保険ということです。

 

 

こちらは終身保険と違って解約払戻金はありません。

 

いわゆる、掛け捨てと呼ばれる保険は定期保険ということです。

 

 

終身保険の解約払戻金はある期間を過ぎるとプラスになります

 

終身保険は、契約してから一定期間の間に解約すると、支払った額よりも少ない解約払戻金しか受け取ることができません。

 

しかし、その一定期間を過ぎると解約払戻金の額が支払った額よりも増えるようになります。

 

つまり、終身保険は銀行の定期預金のように使うこともできるということです。

 

これは、定期保険には無いメリットで、終身保険は将来の資産形成にも使える保険といえます。

 

 

ただし、デメリットもあります。

 

それは、保険料が高いということです。

 

同じ保障額の保険の保険料を終身保険と定期保険で比べた場合、圧倒的に終身保険の方が高いです。

 

生命保険を見直しする際は、必要な保障額、保障期間、解約払戻金を当てにするのかしないのか、等の点と、それぞれの保険のメリットとデメリットを上手く考えて加入していく必要があります。

 

 

しかし、保険にあまり詳しくない素人が、どちらの保険の方がいいかなんて決めるのは難しいです。

 

そんなときは、保険のプロに聴いてしまうのが手っ取り早く、確実です。

 

最近は、街角の生命保険の相談所に、無料で相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーの方がいらっしゃいます。

 

ファイナンシャルプランナーの方は、必要な保障期間と額を割り出して最適な保険を選んでくれると思います。

 

 

また、保険を資産形成に使うという提案もしてくれるかもしれませんね。

 

どのみち、自分であれこれ悩んでしまうよりも、一度プロに相談して見ることをおすすめします。

 

悩みが解決して、スッキリすると思いますよ。