この記事は約 3 分で読めます

生命保険の見直し時に受取人についても確認してみましょう

公的保険でまかなえる場合は民間の生命保険に入る必要は無いです

 

民間の保険会社が提供する生命保険は、様々なチェックをした方が良いところがあります。

 

また、本来は公的なものでカバー出来ているところをさらに民間の保険でカバーをするという発想であるため、公的保険で十分だという人はそもそも加入をする必要が無い場合があります。

 

 

生命保険が不要な場合もありますし、必要な場合も受取人に気をつけてみましょう

 

すでに生命保険に加入をしている場合には、その支払っている保険料負担とその内容、受取人などの問題を見直してみる余地があります。

 

このとき、独身で家族がいない場合には、あえて加入をする意味があるのかどうか不透明な場合がおおいです。

 

ほとんどの場合、独身の方が生命保険に入る必要は無いでしょう。

 

万が一加入者が死亡した場合などで、受取人がいないにも関わらず死亡保険金が多額だったりするのは、無駄です。

 

こうした場合などをよく考えて加入の是非を考えることが重要です。

 

 

受取人と被保険者との関係でも、相続人等の関係もあり確認を要します。

 

保険会社等で微妙に異なる点もあり、約款などの確認が欠かせません。

 

一方で、親子などのようにはっきりと分かる場合にあっては、受取人等についてはあまり考慮しなくても問題は無い場合もあります。

 

夫婦であれば、受取人はお互いの配偶者ということになりますね。

 

つまり、加入者の家族状況などによって、話が変わってくることに注意を要します。

 

 

もし、自分の置かれている状況や加入している生命保険で不透明なものがある場合には、問い合わせをすることも大切です。

 

特に不透明な部分で分からない点は、保険会社にしっかりと説明を求め、納得の上で加入をするように考えなくてはなりません。

 

生命保険は専門用語も多く、分かりにくい点も多数あります。

 

納得の上で加入をすること、また保険金が下りる場合などの具体的な内容の説明を求めるなどして、しっかりと理解し納得の上で加入をするべきものです。

 

 

医療保険に関しても公的医療保険で対応が出来ることがよくあります。

 

したがって、公的医療保険などの内容をよく知った上で、それでも足りないというときに民間の生命保険への加入を考えていくことが大事です。

 

あえて民間の保険に加入せずとも貯蓄や高額療養費で対応が可能な場合は多くありますし、万が一の場合でも遺族年金などの制度も存在します。

 

こうした家計などの状況も鑑みていくことが必要です。

 

 

困ったときは、ファイナンシャルプランナーの方に聴いてみましょう

 

もし家計などの問題も含めて誰かに相談をしたいと思った際には、中立の立場であるファイナンシャルプランナーに相談を行うのがよいでしょう。

 

彼らは金融資産や家計の診断のプロフェッショナルです。

 

見直しを行う上で参考になる助言がもらえる可能性が高いですので、参考に聞いてみる余地は大いにあるでしょう。

 

最近では、無料の保険相談所が数多くありますから、こういう無料の相談所を上手く使うと、コストをかけずに生命保険の見直しをすることができます。