この記事は約 2 分で読めます

独身のライフスタイルから生命保険の見直しを考えてみる

独身時代は生命保険に加入する必要はほぼ無し

 

極端な話しとして、独身の場合には民間の生命保険に加入をする必要性はほぼありません。

 

もし会社員や公務員等の場合であれば、社会保障が手厚く受けられます。

 

万が一にも入院等大きなケガや病気をした場合であっても、高額療養費制度の利用で対応が十分に出来るからです。

 

 

独身の時代は生命保険よりも将来への貯蓄と健康管理が大事

 

手持ちのお金が少ない場合であっても事前に限度額認定証の交付を受けておけば、入院中の費用負担も少なくて済みます。

 

むしろ独身であれば貯蓄をしっかりと行って、その貯蓄で生活等が送れるようにしておくことです。

 

あえて民間の生命保険に加入をする意味は少なくなります。

 

 

独身であれば、残された家族のことを考える必要性は少ないでしょう。

 

もし、万が一のことがあっても保険金が下りたとして誰が受けとるのかという問題になってきます。

 

すなわち、独身の時代に生命保険に加入することはあまり意味がない訳です。

 

むしろ医療費の支払いがしっかりと出来ることや、入院等を長期で行わなければならなくなったときに使える制度をよく知っておいて、その範囲内で支払えるようにしておけば十分です。

 

 

すでに民間の保険に加入をしている場合には見直しも考える必要があります。

 

給料がまだ安めである若い間は健康で元気なケースが多いです。

 

そんな中で万が一のことを考えても仕方がありません。

 

むしろ、そうした事態にならないように健康管理を行うことの方が重要です。

 

また、若い間に貯蓄をする癖を受けておけば、後々までそれは活かされます。

 

 

生命保険への加入を考えるのは結婚して子供ができてからでも十分です

 

お金が手元に残るようにするためには家計管理も重要です。

 

生命保険での保険料負担は相応に重いですから、すでに民間の保険に加入をしている場合には、可能であれば公的医療保険や貯蓄に回すように見直しを進める方が有効でしょう。

 

独身であっても今後結婚等により家族を持つ可能性はあるでしょう。

 

もし生命保険への加入を考えるのであれば、そのときになってからでも遅くはありません。

 

 

むしろ、独身の間に結婚資金も含めて貯蓄をすることの方が重要です。

 

結婚し子供が生まれてきたときになって初めて、万が一の場合に残された家族への対応として、民間の保険に加入をすれば事は足ります。

 

それまでは民間の保険にあえて加入をする必要性があるかどうか、慎重に判断をすればよいものです。

 

 

なお、年金については保険でカバーする方法もありますが、むしろ公的年金を中心に考えることが重要です。

 

上乗せする方法も制度化されてきていますし、それらは節税にも使えますので、利用する手はあります。