この記事は約 3 分で読めます

妊娠や出産は生命保険を見直すいい機会なので、一度考えてみましょう

生活に変化が発生した場合は生命保険の見直しが必要になってきます

 

生命保険と言えば、万が一があったとき家族など親しい人がそれ以降苦労しないようにと準備しておくものです。

 

生命保険に入ってそのまま見直しをしないという方は意外と多いのですが、家族構成や本人の状況が変われば必要な補償額も変わります。

 

また、掛けるべき保険料についても生活の状況によって変わりますので、やはり然るべきタイミングで見直しをするというのは必要になってきます。

 

 

出産を迎えると必要になる保障額は増加します

 

例えばそういった大きな状況の変化の中でももっとも代表的なものが、出産です。

 

本人や配偶者の妊娠が判明し、出産の準備に入るとかなり生活は慌ただしくなり、気持ちとしても新しい家族の誕生でいっぱいになりがちです。

 

しかし、同時に子供が生まれるまでに考えておいた方が良いのが、生命保険の見直しです。

 

 

やはり、家族が一人増えれば考えないといけないことは変わってきます。

 

特に一家の大黒柱である人の生命保険に関しては、万が一の後のことを考え、補償額を見直すことは絶対に必要です。

 

どう考えても、配偶者しかいない時と子供が一人増えた状態では、今後必要になる保障額は変わってきますよね?

 

配偶者だけではなく、子育てに必要な費用を考えて補償額を上げておいた方が良いということになってきます。

 

 

出産を迎えて忙しくなる前に、生命保険の見直しを検討しましょう

 

そうはいっても、今は無事子供が生まれてくることを優先したいという考えを持つ方もそれなりにいらっしゃいます。

 

特に初めての妊娠の場合は特にそういった方が多いようです。

 

 

しかし、実は忙しくなるのは子供が生まれた後なのです。

 

色々な手続きはもちろんのことですが、子育て、特に新生児の子育てはかなり大変なものとなります。

 

母親だけでなく、父親も時間の余裕がなくなるのは間違いありません。

 

生命保険の見直しは必ず必要になってきますが、子育てに忙殺されてきっと後回しになってしまうでしょう。

 

ですので、妊娠が判明したら出産までの間に生命保険を見直すことはとても合理的なのです。

 

 

また、検討にも時間が掛かりますし、手続きにもある程度の時間が掛かってきます。

 

とは言っても、ただやみくもに補償額を上げればいいというものではありません。

 

補償額を上げれば、当然支払わなければならない保険料は上がってしまいます。

 

今の保険の変更でいくのか、はたまた別の保険を追加するのか、比較検討をして他の保険に乗り換えるべきかという判断も必要となってきます。

 

そういった判断は素人にはなかなか難しいものです。

 

 

難しくてわからない場合はプロのファイナンシャルプランナーを頼りましょう

 

しかし、そんな時に頼りになる人がいます。

 

それは、ファイナンシャルプランナーです。

 

ファイナンシャルプランナーならその人のその時の状況と、将来のライフプランに合わせて適切な保険を紹介してもらえます。

 

時間の節約にもなりますので、出産を機に生命保険を見直したいという場合には、ファイナンシャルプランナーに相談すると良いと言えるでしょう。

 

 

今は、町中に無料の生命保険の相談所があります。

 

無料ですから、一度相談がてら訪れてみるのはいかがでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナーの方が必要な情報を教えてくれますよ。

 

もちろん無料で。