この記事は約 2 分で読めます

夫婦共働きで子供がいる場合の生命保険の見直し方のコツ

子供が生まれたときが生命保険の見直しを行う一番のポイントです

 

生命保険には加入しているけれど、加入して以来ずっとそのまま、または親や知り合いの保険外交員に進められるままに保険に入ったままという人は多いと思います。

 

しかし生命保険は自分のライフスタイルが変わるたびに見直すことが必要です。

 

なぜならばその時の自分や家族の状態で必要とされる保障が異なるからです。

 

特に大きな見直しが必要なポイントは、結婚し、子供が生まれた時です。

 

 

共働きで得られる収入を考慮して必要な保障額を決める必要があります

 

例えば生命保険

 

生命保険とは自分にもし万が一があった場合、残された家族が困らないための保障です。

 

保障額が大きければ当然残された家族は助かると思いますが、保障額が大きければ大きい程支払う保険金も多くなります。

 

よってその時点で必要な保障額を考え、無理のない保険料で必要な保障が得られる保険を考える必要があるでしょう。

 

 

例えば夫婦共働きで子供が生まれ、生命保険の見直しを行う場合、まず最初に考えることは今後、どのくらいのお金が必要なのか考える事でしょう。

 

日々の生活費、子供の教育資金はもちろん、居住費や自動車を所有している場合はその維持費、買い替えサイクル、家電類の購入費など多くの要因があります。

 

 

次に必要なことは今後の収入について考えることです。

 

共働きでは当然、どちらかが亡くなった場合は夫婦の残されたほうが働いていくことになると思います。

 

得られる収入によって当然、必要とされる保障金額は変化します。

 

また遺族年金などの公的な年金なども考慮する必要があります。

 

さらに子供の大学進学を考えている場合、奨学金等の利用を考えても良いかもしれません。

 

これらを考慮して必要とされる保障額と加入する保険の種類を考えていきます。

 

 

この時いくつかポイントがあります。

 

まず必要とする保証額は年月とともに減少していくということです。

 

例えば子供の教育費を考えた場合、子供が0歳と10歳の時では以後かかる教育費は子供が小さい程大きくなります。

 

生活費等も同じです。

 

よって夫婦の年齢が若い時にもっとも保障額が大きくなるように生命保険を考えます。

 

 

また住宅購入などで住宅ローンを組んでいる場合、ローン残高に対応した生命保険が付属していることが大半です。

 

この場合住宅ローンを考慮する必要がなくなります。

 

 

生命保険の見直しに必要な情報はプロに相談して考えることをおすすめします

 

これらのことを自分たちだけで考えていくことはなかなか大変なことだと思います。

 

ファイナンシャルプランナーや保険相談窓口など、無料で相談できるところに相談をしてみることをおすすめします。

 

彼らはこれらの事について多くの事例を扱っており、きっと有効なアドバイスをしてくれると思います。

 

その上でより良い保険の見直しプランを組み立てて行くことができるでしょう。