この記事は約 2 分で読めます

個人年金保険に加入する際はライフプランと保険料を考えて見直しをしましょう

ライフプランに合わせて生命保険を見直す方が増えてきています

 

昔は保険、特に生命保険は入ったらそのままにしておくものというイメージもありました。

 

しかし現在では、保険は見直すものという考えの方が増えてきています。

 

実際、長い人生の中で家庭環境や本人の状況というものは変わっていきます。

 

環境の変化と共に保険の見直しをするというのは良いことだと言えるでしょう。

 

 

個人年金保険にはいくつかの年金の受け取り方があります

 

そんな保険の見直しの中で、生命保険から個人年金保険に変更するというパターンが最近時々見かけられます。

 

ただこの個人年金保険は生命保険とは少し違った特徴を持っています。

 

最近加入する方も増えているこの保険とは、どんなものなのでしょうか。

 

 

個人年金保険は簡単に言ってしまえば、保険料を積み立てしておくことにより、将来年金を受け取ることができるようにするタイプの保険ということになります。

 

ただ、その内容は保険ごとに様々です。

 

特に年金の受け取り方にはいくつかの種類があります。

 

以下ではその種類について簡単にご紹介します。

 

 

一つ目は、確定年金

 

これは期間が決められていて、その期間中年金を受け取れるというものです。

 

期間は商品ごとに違いますが、多いのは5年、10年、15年といったところになります。

 

基本的には掛け捨てにはならず、本人が死亡しても、期間中ならば遺族が継続して受け取ることができます。

 

 

二つ目は、終身年金

 

こちらは保険料は高めにはなるのですが、年金の受け取り開始から生きている限りはずっと年金を受け取ることができます。

 

ですので長生きすれば払込金額以上の年金が受け取れることもあります。

 

現在の公的年金と似ているものと言えます。

 

ただ逆に言えば、早めに亡くなってしまった場合には元本割れとなってしまうリスクも存在します。

 

 

三つ目は、有期年金

 

こちらは確定年金と同じように期間が決められているのですが、確定年金と違うのは本人が亡くなってしまった場合です。

 

有期年金の場合は本人が死亡した場合はそこで年金の受取が終了となります。

 

ただその分保険料が安くなっていることが多いようです。

 

 

今の主流は確定年金です。

 

その理由としては、期間は決められていますが、必ずその期間分は年金を受け取ることができ、家族も含めたライフプランが立てやすいからというものが大きいと言えるでしょう。

 

終身年金は、現在は余裕があり、その分先々のためにリスクを減らしておこうと考える人が加入することが多いようです。

 

現在掛けられる保険料とライフプランを合わせ、ファイナンシャルプランナーに相談をするなどして、適切な保険を選ぶと良いでしょう。