この記事は約 3 分で読めます

あなたの生命保険の保険料払込期間は納得できますか?

あなたの保険の保険料払込期間はあなたの生活に合っていますか?

 

あなたが加入している保険の保険料払込期間があまりにも長い場合には、加入している生命保険が妥当かどうかを真剣に考えた方がよいです。

 

場合によっては見直しなども必要になるでしょう。

 

 

公的制度を上手く利用すると保険の払込期間を短く出来るかもしれません

 

そもそも保険料払込期間は、いつまでその保険料を支払い続けなければならないのかを示す言葉です。

 

契約書などにも記載がありますが、その定められている期間はずっと保険料を払い続けなければいけません。

 

未納などの場合は、最悪の場合解約の対象にもなってきます。

 

したがって、解約されないようにするためには保険料を払うしかありません。

 

 

ただし、そもそもこの生命保険が自分に合ったものかどうかを判断する必要もあるでしょう。

 

この場合、考えないといけないのは公的保険で対応が出来ないかどうかです。

 

医療であれば、支払う医療費が心配だと思えば事前に限度額認定証つまり高額療養費の対応を行っておけば限度額までの支払いで済む話しです。

 

 

また、毎月支払うはずだった保険料を貯蓄に回すことで万が一にも対応は出来ます。

 

最近よく見かけるようになったと言われる介護保険への対応のものも、あらかじめ制度を知っておくことで万が一に備えることが可能です。

 

医療における高額療養費と同様に、介護保険にも高額介護療養費が存在し、自己負担の限度額が設けられる制度は存在します。

 

したがって、事前に申請を出しておけば対応は出来るわけです。

 

 

民間の年金保険よりは国の年金の方が信頼できます

 

年金についても公的年金は将来財政が持たないかもしれない、破綻するかもしれないと言うことで支払わない人がいます。

 

ただ運営主体は国です。

 

国が破綻しない限りは、年金制度が破綻しない道理です。

 

民間企業の運営する年金と国家が運営する年金とではどちらが信頼に値するか、一目瞭然でしょう。

 

 

また、生命保険全てに総じて言えることですが、公的保険や年金は払込額の全てが所得税及び住民税の控除に充てることが可能です。

 

一方、民間の保険は全額の控除が出来ません。

 

限度が設けられています。

 

つまり、節税という観点でも民間の生命保険は限りがあるものとなっています。

 

 

生命保険の払い込み間が合っていないように感じるのならファイナンシャルプランナーに見直ししてもらいましょう

 

あまりにも長すぎるような保険料払込期間である場合、またその期間が短くても毎月の負担となる保険料が多い場合には、見直しを行う必要が生じます。

 

本当に必要なものはいずれなのかをしっかりと見極め、その上で必要がないものや負担に比して見返りが少ないような保険は解約をする覚悟が求められます。

 

民間の生命保険は公的保険の足りない部分のカバーをするぐらいで意識を持てば、無駄な費用の圧縮に繋がるでしょう。

 

 

ただ、そうはいっても、自分にはどんな保険が必要で、今入っている保険は必要なのか不要なのかと言うことは分からないかもしれません。

 

保険に関しては素人同然ですから仕方がありません。

 

そんなときは、民間の保険の相談窓口を利用してみましょう。

 

無料でファイナンシャルプランナーの方が、生命保険の見直しをしてくれます。

 

気軽に相談して、自分に合った生命保険に入れると、月々の負担も減って余裕も出来、充実した生活を送れるようになりますよ。