この記事は約 2 分で読めます

介護保険はまずは制度を理解してから見直しをしましょう

介護保険は制度が分からないとなかなか理解できない

 

生命保険の中で最近特に多くなっているものが介護保険に対応したタイプです。

 

そもそも介護保険制度が分からないのに加入をするのではなく、まずはこの制度をよく知ってから加入の是非の判断を行う方が賢明です。

 

介護保険、私も難しいなと感じてしまいます。

 

 

制度を調べてみてもわかりにくい場合は、保険のプロに相談してみるのも手ですよ

 

40歳以上の人が支払う介護保険料は、公的制度です。

 

しかしながら、この制度は原則として65歳以上、疾病によっては40歳以上が利用可能なサービスになっています。

 

 

このとき、民間の生命保険で対応を考える場合には、制度の利用時における自己負担をカバーするのが主流になってきます。

 

ただし、種類によっては自己負担額を超える場合でもカバーするタイプもあり、必要に応じて考慮すべきことです。

 

 

そもそも自分が介護が必要な状態になるかどうかは分かりません。

 

疾病によりこの制度を利用せざるを得なくなる場合もありますし、反対に高齢になっても健康でいられる人もいます。

 

健康であれば、そもそも要介護認定などを受けられませんので介護サービスそのものを必要としません。

 

したがって、この生命保険に加入をする意味そのものがなくなります。

 

 

もうすでにこの民間の保険に加入をしている場合にあっては、加入しているものが妥当かどうかを考える必要が生じます。

 

もし、不要だと思えば見直しを行うことで、毎月の出費を抑制出来ます。

 

 

また、医療だけではなく介護においても、高額になる場合にはそれを抑制するための高額介護療養費制度も設けられていますので、その対応でも足りない場合を想定しての加入を考えるわけです。

 

 

見直しに当たっては、保険料の支払いもさることながら、必要なサービスそれ自体をよく知らないといけません。

 

制度とサービスの種類、さらにその内容を知ることで対応するための行動が変わります。

 

ついては、見直しが必要かどうかは、自己負担額でカバー出来そうにないかどうかでまずは判断すべきことです。

 

 

自己負担に相当する額の用意と公的保険での対応が出来ないかどうか、それでも足りなさそうな場合に加入の是非を検討すべきものですから、必要なければそもそも加入をする必要はありません。

 

すでに加入をしている場合にあっては、制度の中で自分がお世話になるかもしれないサービスとその利用料を調べておくのがよいでしょう。

 

特に自己負担額がいくらぐらいになりそうなのかを調べておくことです。

 

ただし、制度が非常に難しいため、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談をしてみることが望ましいものではあります。