この記事は約 3 分で読めます

生命保険の見直しは世帯を持ったときが一番良いタイミングかもしれません

社会人になると生命保険を始め様々な仕組みを知ることになります

 

生命保険に加入するタイミングとしては、就職してからというのが圧倒的に多いと思います。

 

就職をして社会人になると、そこで初めて知る社会の様々な側面があると思います。

 

 

その中の一つに稼いだ給料の中から引かれる雇用保険や年金、健康保険など、いわゆる「社会保障」の何たるかを知る人も少なくないと思います。

 

そんな中、社会人になったことをきっかけに加入する事が多い「生命保険」や「医療保険」というものがあります。

 

 

若いうちは保険に加入するよりももっとお金を有意義に使いましょう

 

生命保険に関しては、入社と共に各保険会社のおばちゃんが会社にやってきて、加入を促されることが多いでしょう。

 

そうやって保険に入った方も多いのではないですか?

 

 

生命保険はあくまで任意の保険なので強制力はなく、入っても入らなくてもどうこう言われるわけではありません。

 

しかし、この時に生命保険に入らなかったとしても、歳を重ねていくにつれて、「自分が死んでも何も残らないのはどうか?」と考えることになるのかもしれません。

 

 

各メディアでも保険会社のコマーシャルはすさまじいもので、「残された家族の事を考えましょう」とか、「ご自身が大きな病気になった場合、治療費はどうしますか?」とか、消費者の心をやや煽るような内容のものばかりです。

 

あながち間違いではありませんが、それだけ各種保険というものがモノを言う時代であるというのは間違いないでしょう。

 

 

保険と聞いて一番ピンとくるのが生命保険だと思います。

 

それでも、若い年代でしかも独身であれば、関心を持つ人はそう多くはないと思います。

 

加入していたとしても支払額の安いものだったりと、関心が薄い分、金額にも反映された保険商品を選びがちです。

 

 

まぁ、若いうち、特に独身の場合は生命保険など不要なことがほとんどです。(親の生活費を仕送りなどで助けている場合くらいでしょうか。)

 

生命保険などには入らずに貯金して将来に備えるか、あるいは、ぱぁっと使ってしまって楽しむか、そんな感じでいいのだと思います。

 

 

生命保険の見直しにベストにタイミングは世帯を持ったとき

 

しかし、例えば結婚して世帯を持った時、数年後、子供が生まれた時は、どうでしょうか?

 

ご自身に万が一のことが起きた場合、お葬式の費用は賄えますか?

 

冠婚葬祭の費用は想像以上にかかるものなので、いくら貯蓄していても、残された家族は不安になるかもしれません。

 

もちろんお子様がいれば、それ以降の教育費・生活費も考えないといけません。

 

 

きっかけはこれ以外にもありますが、「世帯を持つ」という事が人生においても大きなターニングポイントになる人が多いので、これを保険の見直すきっかけにする方は結構、いらっしゃいます。

 

私はとてもいいタイミングだと思います。

 

 

しかし、インターネットで保険会社のウェブサイトを見てみてください。

 

理解しづらかったり、何をどうすればいいのか分からないと思います。

 

これに加えて、保険に関してほとんど分からない自分では上手く見直しを出来る確率も低いでしょう。

 

 

そんなときは、無理に自分で保険の見直しはせずに、最初から保険のプロに任せてしまった方がいいです。

 

今は、保険の窓口など、無料で生命保険の見直しを考えてくれる便利な手段があります。

 

上手くそういったものを生かせば、ご自身にとっても納得のいく保険の見直しが出来るでしょう。