この記事は約 3 分で読めます

生命保険の見直し時はガン保険も考えよう!治るガンも多いです

生命保険を見直す際にガン保険も考えると、将来安心できる材料になります

 

生命保険をはじめとする各種保険ですが、自分の人生設計において時として見直す必要があり、場合によっては契約変更を実行した方がいい場合もあります。

 

医療保険でも今では様々な分野まで網羅してくれる商品が多数ありますが、先進医療を受けられるその反面専門的な細かい部分までなると案外適応外だったりする商品もあります。

 

では、ガン保険はどうでしょうか?

 

ガン保険なら、ガンになっても適応外なんてことは少ないのでは?

 

皮膚ガンは適用外などガンのルールはありますが、あらかじめ適応対象のガンを知っておくことはそれほど難しくないと思います。

 

 

ガン保険は、ガンを発症した時の様々な治療費を補填してくれて助かる

 

今では世の中の2人に1人はかかると言われているガン

 

有名芸能人や各著名人が若くしてガンにかかり、検査の大切さ、病後・術後の費用の大きさなど切に訴えるテレビCMや特別番組などが多く放送され、またそれらを目にする事も多くなってきました。

 

それだけガンにかかる人が増えてきているのと同時に、ガンの危険さを大きく訴えたいのだと感じます。

 

 

そこで、我々一般消費者ができる事といえば、定期的な検査と万が一の時の『保険』です。

 

ガンに特化した『ガン保険』に加入しておけば、ガンを発症した時に入院、手術、術後の治療費など、ガンに関係する様々な面での金額を大きく補填してくれます。

 

もちろん例外的なケースはあると思いますが、加入しているのとそうでないのとでは大きく差が出ます。

 

 

しかし、最初から『ガンになる』なんて誰も思いもしませんし、保険の事となると若年層は考えもしません。

 

では、どこをきっかけとして動き出せばいいでしょうか?

 

 

近親者がガンにかかっている場合は、少しガン保険のことも考えてみよう

 

まず、自分の家族の事を考えてみましょう。

 

遡って祖父母にガンになった人がいないかどうか?近親者でガンにかかった人を確認するだけで一つのきっかけになります。

 

また、医療保険にすでに加入済みの方もこれをきっかけに見直しが必要になってくると思います。

 

ガンの中には、遺伝性の高いガンもありますので、例えば父方の家族にガン発症例が多かった場合は自分が発症する可能性が高い場合もあるかもしれません。

 

そう考えると、ガン保険には加入しておいた方が安心できるでしょう。

 

 

若いうちから加入すれば月々の支払いは少なく抑えることが出来るので、年齢を重ねてから加入するよりは負担はそれほど厳しくなくなります。

 

そうなると生命保険の部分でも見直す必要性が出てきます。

 

 

生命保険・ガン保険を見直す際は、無理をせずに専門家のFPさんにお願いしてみよう

 

しかし、生命保険を見直すと言っても種類が多く、一般の人だと何をどう見直したらいいのか分からないかも知れません。

 

そんな時は、詳しい保険の内容を自分で考えるよりも、契約している保険会社の担当者を交えて話し合いの場を持った方がいいかもしれません。

 

また、今では盛んになってきた『保険の窓口』のような無料の保険相談所で、専門家と一緒になって計画を立てた方がその後の資金繰りや人生設計をハッキリさせることができるでしょう。

 

 

生命保険の見直し時はガン保険の必要性も考えてみよう

 

一昔前までは恐ろしい病気として挙げられていたガン。

 

しかし、今ではもう治るガンも増えてきていますし、それに立ち向かえる制度も存在します。

 

今一度、生命保険の見直し時にはガン保険の重要度を考えてみてもいいと思います。